うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

ちょっと以外だったのが、未だにGoogleが検索結果の要素にモバイルフレンドリーかどうかを加えていなかったことです。
Googeのブログの2015年2月27日金曜日の記事を見つけて読んだところ、来月(4 月 21 日)からモバイルフレンドリーの要素を検索結果の順位に反映させるそうです。

参考としたのは検索結果をもっとモバイル フレンドリーにです。

わたしとモバイル対応サイト

数年前ですが、Yahoo!の関連会社主催のセミナーに出席したときに、今年はまだパソコンの時代だが、来年度からモバイルの時代となるので、Yahoo!もそれに合わせて組織の変革をしている、と言う内容を聞きました。

当時、モバイルデバイスに全く無関心だったわたしは慌てました。
本を購入して読んだり、ネットから情報を得たりしながら、半年ほどかけて自分自身で運営をしているWebSite全てをモバイルとパソコンの双方に適切に表示させる様にしました。
仕事自体はプラスになる要素は無かったのですが、未だにわたしの運営しているサイトがユーザーから一定の支持を受けているのは、このときにモバイルに対応をしたおかげだろうと思っています。

昨年は、アクセス数の多いサイトを実験的にパソコン向けからモバイル向けのデザインとコンテンツに変更をしたところ、例年、夏をピークにアクセス数が下落するのが、秋半ばまでほぼ横ばいとなり、アクセスしているデバイスも50%以上がスマートフォンとなりました。

そうした実際を体験しているだけに、googleの対応の遅さがむしろお退きだったのです。

言われて納得した検索結果

今回のGoogleのアナウンスで納得をしたのが、会社設立関係のサイトを検索しても、スマホ対応サイトがトップ10位以内に1サイトしか無かった事実です。

笑ってしまったのは、スマホの検索結果に表示されている広告の大半が、PC専用のランディングページで、スマホ用のランディングページは僅かしかありませんでした。
高いお金を払っているのに抜けていますね。

仕事でパソコンに向かっているときは別として、普段は読書をしたりビデオを見たりするのと同じ感覚でスマホでネットにアクセスをしています。
そんな寛いでいる時間に会社設立と言うやや業務寄りの情報にアクセスしたのですが、今まではパソコンで見ていたので気づかなかった、スマホ未対応サイトばかり上位!と言う結果に、実用上、大いに困りました。

しかし、この悪夢の様な検索結果も、あと一月我慢をすれば解消されるかも。
Googleの検索結果に対する変革は、急激な場合もあれば、徐々にしか変わらない場合もあるので、今年の4/21以降1ヶ月くらいは注目です。

3月 19th, 2015

Posted In: Web Search/ウェブ検索