ブログやサイトの運営に役立つことの最近のブログ記事

わたしは昨年の暮れから多忙と言うこともあり、ブログは書くだけで他人のブログ記事を読むと言うことはほとんどありません。読むとすれば、分からないことがあった時にGoogleで検索をして、検索の結果、たまたま良いコンテンツを持ったページがブログだったという程度です。

昨日の夕方、ひさしぶりに完全な空き時間が出来たので、自分も参加しているみんぽすのブロガーセミナーの製品を幾つか読み比べてみました。
読んだ製品はデジタル一眼レフカメラです。

ブログを書く上でモチベーションは重要です。
読み手を意識して書いているからです。
レビュー記事の場合、読み手は大きく2種類に分けられます。
コンシューマ(消費者、買い手)となる可能性のあるユーザーと、売り手の立場となるメーカーや販売店です。ブロガーはどちらからでも、書いた記事が高く評価されれば嬉しく思います。
製品やサービスとほめた記事も有ればけなした記事もあります。製品の機能を紹介するにとどめている記事もあります。

文字変換の悩み

| コメント(0) | トラックバック(0)

わたしは様々なサイトを運営しています。随時、各サイトを更新をしているのですが、文字変換で苦労しています。
わたしはATOKを長年愛用していますが、変換精度が高いのがかえって仇となっています。

先頃、無料のサービス期間を終えて有料となったキーワードハンターです。
果たしてその実力やいかに?

Hum わたしの運営しているブログの一つに「可愛いゴールデンハムスターと暮らす写真日記」があります。googleのキーワード検索「ゴールデンハムスター」で5位、yahooのキーワード検索「ゴールデンハムスター 写真」で7位に表示されているので、当然アクセス数も多いと思われそうですが、実際は殆どgoogleとyahooからのアクセスはありません。googleとyahooを足しても20アクセスに足りないです。

通常のサイトを運営していれば、キーワード検索で上位に表示されればそれなりのアクセスがあるのですが、ブログは違っています。殆どのユーザーが参照サイトを経由しての訪問か、もしくはお気に入りやブックマークから直接訪問です。


 

Google11 Movable Typeを始めとするブログには、大抵ブログ内を検索することができるようになっています。ところがこのブログ内検索はCGIを使うので、サーバに負担を掛けるため、ブログの作動を重くしてしまう副作用があります。
それを防ぐ手だてがgoogleのサイト内検索です。左の画像はうろぐのgoogleカスタム検索です。このページにも右側に表示されているので、おわかりと思います。

google AdSenseに申し込むことで、googleのサイト内検索を利用できるようになります。

わたしのように多数の優良なサイトを運営していると、様々な問い合わせや要望がよせられます。
そんな中で、昨年から増えてきたのが「あなたのサイトを買いたい」という申し出です。
ひどい会社となると、「ただで譲ってください」と言うところもあります。

5月下旬に「交通事故と自動車保険ナビ」のトップページに広告をリンクとして掲載して欲しいという依頼がありました。一昨年あたりから、「お金を払いますからサイトのトップページにリンクを貼ってください」という依頼がわたしの元の多数よせられています。
こうした申し出があった場合、100%断っています。
googleを始め検索サイトでは、こうしたリンクをお金で買うことを嫌っているからです
それと、わたしのサイトを運営する上でのポリシーにも反しますし、わたしのサイトの利用規約にも違反します。

Tt わたしの運営するツーリングトークが長らく後塵をはいしていた[バイク・ツーリング]All Aboutに、検索キーワード「ツーリング」のgoogleの検索結果を確認したところ、久しぶりに上位に位置していることが分かりました。

Rd1 初めて、自分のサイトを、サイトの名称でgoogleで検索してみました。
ぐぐったのは林道へ案内板 です。
検索をするまでは、たぶん自分のサイト内のページや、自作のサイト同士のリンクのページが出てくるくらいだと思っていたのですが、検索されたページ数は1万6千ページに昇りました。

PR

カテゴリ

検索