うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Asus Eee Pad TF201は昨年の12月(2012/12)に購入をしたAndroid OS搭載のノートブック兼タブレットです。
使い始めて5ヶ月を経過、使用感も分かってきたので、レビューを書いてみました。

当初、Windows8 OSを搭載したAsusのタッチパネル・ノートブックPCを購入するつもりだったのですが、たまたま当時自作のCMSをスマートフォン対応に作り替える作業に熱中していて、その検証用にAndroid OS搭載のEee Padを購入しました。
小さな画面のスマートフォンでは、検証をする際には効率が悪いのです。

Androidタブレットを購入する時は、キーボードを追加して購入するつもりだったのですが、たまたまTF201はバッテリー内蔵のドッキング・キーボードがセットとなっていたので、購入しました。
しっかりしたタイプ感でキー配列がわたしの好みのキーボードの価格は1万円前後と思っていたのですが、バッテリー内蔵のキーボードがほぼ同等の価格で買えたので、割安感がありました。

ちなみに、購入価格は約3万3千円です。秋葉原のドスパラで購入しました。
メーカー再生品なので、まるっきりの新品ではありませんが、3ヶ月の店舗保証がついています。
本体間もちろん、箱も備品も使用感がありません。新品に限りなく近い商品と言えるでしょう。
ショップの保障も3ヶ月間ついていました。

Eee Padはタブレットとしては上出来のデバイスです。
しかし、キーボード付きのパソコンとしては今ひとつの出来です。

この評価の違いは、搭載しているAndroid OSが元々スマートフォン向けのOSとして開発されたもので、パソコンのOSとしての完成度が低いことが原因と思われます。

(さらに…)

4月 29th, 2013

Posted In: タブレット, ノートブック, 携帯電子機器

今年2月(2013/2)から使っている、WiMAX WM3600Rのバッテリーに関する備忘録です。

(さらに…)

4月 19th, 2013

Posted In: 携帯電子機器

AMNfirefoxのfacebookのキャンペーンに応募していただいた、firefoxロゴ入りのelocom製リチウムイオン充電池DE-U01L3010WHのレビューです。

2年前にREGZA phone T-01Cを購入した時に、エネループで充電できる機器を同時に購入をして、北海道のオートバイツーリングや日本アルプスなど長大な山脈の縦走登山に使用してきて、それなり重宝していたのですが、最近は小型軽量大容量のスマートフォン専用の充電器が廉価に発売されています。

elocom製リチウムイオン充電池DE-U01L3010WHもその一つです。
実際にREGZA Phone T-01Cに充電してみると、2回充電することが出来ました。
エネループを4本束ねた充電器でも2回の充電は出来なかったので、とても高性能であることが分かります。

以下、そのレビューです。

(さらに…)

4月 18th, 2013

Posted In: 携帯電子機器

万能カメラをインストールしたスマホの環境

万能カメラをインストールした、Android OSのスマホ、REGZA Phone TC-01Cを使い始めてからちょうど2年が立ちました。REGZA Phoneは生産が終了してしているので、過去の機種です。
最初のOSはAndroid 2.2でしたが、アップグレードをして現状ではAndroid 2.3を使用しています。
元々防水カメラ兼用のスマホとして購入した機種なので、雨が降って他のカメラでは撮影を出来ないときに、写真を撮ることが多くありました。

カメラの環境

わたしはデジタル一眼カメラのユーザーなので、写真撮影に必要なカメラの操作方法は一通り心得ています。今使用しているカメラはソニーのアルファ77です。他に悪天候時の撮影用にPENTAXの防水防塵カメラのWG-2GPSを併用しています。
デジイチの場合には、ホワイトバランスをオートで撮影することは殆どありません。露出補正も一枚一枚確認をして撮影をします。しかし、コンパクトデジタルカメラやスマホでこうした操作を一枚一枚撮影するごとに行うのは実用的ではありません。こうした操作を行いながら撮影する様なユーザビリティではないからです。「この一枚」と言う時には細かな設定を行って撮影しますが、通常はあらかじめ設定を終えたら、その設定のままに写真をとり続ける、と言うのがコンデジやスマホの使い方でしょう。
それだけに、カメラの方でどれだけ自動的な補正をかけてくれるかで、写真の質が決まります。

万能カメラのインストール

ソースネクストAPPをスマホにインストールしてから、アプリをダウンロードしてスマホにインストールします。手順は明快で簡単です。

一方、タブレットにインストールするときは、縦方向でソースネクストAPPが表示されるので、ドッキング・キーボードを持ったノートブック型タブレットの場合は、画面がちょっと見づらくなります。
キーボードからタブレットを外してインストールをした方がやりやすいかもしれません。わたしは首を90度曲げて画面を見ながらインストールをしました。

(さらに…)

3月 26th, 2013

Posted In: REGZA phone T-01C, SmartphoneApp/スマホ・アプリケーション, コンパクトデジタルカメラ

Xi対応のBF-01Dは1ヶ月の最大転送量が7GBを越えると、通信速度が最大128kb(実質10kb以下)にまで落ちてしまうので、業務で閲覧だけでなくアップロードの転送量も多い使い方をしているわたしには使いにくい機器でした。

やむを得ず、BF-01DからもとのBF-01Bに機種を変更しました。
BF-01DからもとのBF-01Bに変更する人は希なので、違約金、事務手数料、料金プランの強制変更等、ドコモの社員でも調べないと分からないほどでした。

ドコモに限らず、携帯各社(キャリア)の料金体系、契約プランは複雑を極めているので、とても分かりづらいものとなっています。
そこで、実際にかかる料金その他の備忘録を書き留めておきます。

(さらに…)

10月 12th, 2012

Posted In: 携帯電子機器

Leave a Comment

トレールランニングとSS500R、SS700S

トレールランニング(以下トレラン)で使うと言うことでエプソン(EPSON)から貸与を受けていてSS500Rだったのですが、天候が悪い日が多かったので、なかなか走りに行くことが出来ませんでした。
昨日(2012/10/10)は休日では無かったのですが、事情があって仕事が休みとなったので、天候も良く、格好のトレラン日和となりました。

走ったのは、首都圏のトレールランナーに人気の高い高尾山から陣馬山にかけての稜線の道です。
首都圏のハイカーあこがれの「高尾山・陣馬山縦走路」などとも呼ばれています。
距離はおおよそ10km。
高尾山の標高が599m、最高地点となる陣馬山の標高が854m。

ハイカーの多い高尾山までは、邪魔にならない様に早足の歩きです。
高尾山から景信山までは、平坦地と下りは何とか走っていたのですが、景信山の降り道を走り終えた時点で体力が無くなったらしく、堂所山の出合から陣馬山までは全区間歩いています。

使用したGPSは、EPSONのSS500RとSS700S、GAMIN eTreck HCx VISTA、SONY NAV-U37の4機種です。
GAMIN HCx VISTAはもっとも高価(約10万円)で最も性能の高いハンディGPSです。
2008年から現在まで、日本中を計測してきた実績があるので、今回の計測でも基準としました。ちなみに HCx VISTAの計測した距離の誤差は約+3%です。

今回は、モニターとして貸与されているSS500Rとわたし自身が購入したSS700Rの二台を使っています。
せっかく二台同時に使えるので、SS500Rはオートポーズ機能をオンにして使い、SS700Sはオートポーズ機能をオフにして使いました。オートポーズ機能とは、ランニングの時に、信号待ちなどで立ち止まったときに自動的に計測を停止する機能です。

ランニングでは確実に役立つ機能のオートポーズ機能ですが、トレランでは役に立つのでしょうか?
以下、トレランで使ったレビューです。

高尾山・陣馬山間のトレールランニングの使用感

(さらに…)

10月 11th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

SS500RとSS700Sの比較

9/25 北アルプスから戻ってきたら、購入したSS700が届いていたので、モニターとして借りているSS500と比較をしてみました。
外観も違いがありますが、身につけて感じた一番の違いは重さです。

DSC02384_edited-1

SS500は最軽量モデルで重さが49gです。
対してSS700はハイエンドモデルで重さも最も重く61gあります。
その差は12g。
SS500に比べると、SS700は20%以上重いことになります。

この12gの差は、腕に着けると数字以上に感じる重さです。
9日間の北アルプス縦走で一度もSS500を身につけている違和感を感じなかったのですが、SS700は自宅の周りを軽く散歩するときに身につけるだけでも左腕が重く感じました。
その後も、外出するときにはSS700に慣れようと出来るだけ身につけているのですが、重い感じは解消していません。

また、SS500よりもSS700は若干、厚みが増している点も、違和感を感じます。

SS500とSS700の違いは、対水圧が前者が5気圧、後者が10気圧とデザイン以外は無いので、SS500のデザインがどうしても気に入らない、あるいは5気圧防水ではどうしても不安という場合以外は、SS500を選択するのが賢明と思います。
SS700を購入しましたが、多少後悔しています。
もっとも、わたしが使うシーンはかなりハードなので、5気圧防水では不安なので、10気圧防水のSS700がふさわしいのは事実です。

ちなみに末尾のRはRedのR、SはSilverのSが由来です。

写真で比較するSS500とSS700

(さらに…)

10月 9th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPS SS-500と登山

Wristable GPSにとっては少し過酷な旅でしたが、8泊9日をかけた北アルプスの縦走登山にSS-500を持って行きました。
毎日9時間前後、9日間も使用していると、SS-500を登山で使う際の良いところも悪いところも全て見えてきます。
結論を先に言うと、登山で使用すると、使える機能は限定的となります。いくつかの機能は全く使えなくなるか、役に立ちません。
それでも、身体に負担をほとんどかけずにGPSによる歩いた軌跡(トラックデータ)を取得出来るのは魅力的といえるでしょう。

以下、Wristable GPSを登山で使った際のレビューです。

(さらに…)

9月 27th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPSレビュー

AMNとエプソンのブロガーミーティングでWristable GPSがありました。
製品の説明の後、皇居を一周するというイベントです。
わたしは2年前に第10回の幸手マラソンに出場して以来、本格的なランニングからは遠ざかっていますが、今年も昨年も北アルプスや南アルプスを歩き回っているので、心肺能力は十分に鍛えられています。

皇居一周で約5km。時間にして約30分ほどのランニングでした。
一回だけのランニングなのですが、SS-500Rを使った感想を書いてみることにしました。
(注:わたしはSS-700Rを予約注文してあるのですが、3週間を過ぎても届けられる見込みが立っていません)

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPSレポート

今日で24回目のブロガー向けイベントとなりました。先週は新しいカラリオのイベントがあり、わたしも参加しています。
これが今日のブロガーミーティングの様子です。
DSC_0004-1

今回のWristable GPSは腕時計形のGPSです。走った軌跡(GPS Log)をパソコンを通してNeoRunと言うエプソンが運営するサイトにアップロードして地図に表示させたり、平均速度や走行距離や消費カロリーなどを見たりすることが出来ます。
エプソンとしては初めてのスポーツグッズの発売です。
ちなみに、Wristable GPSシリーズは大変な人気商品となっています。わたしも8月中旬に700Sの予約をしてあるのですが、未だに手元に届いていません。当初のもくろみでは、8/23の発売なので遅くても今日のイベントには届いているだろうから、最上位機種と下位の機種を比較するレビューを書くつもりでいました。

これがラインナップです。
左からSS-700S、SS-500R、SS-300R(レッド)、SS-300G(ライムいグリーン)となっています。
DSC_0002-1

エプソンにとっては、初めて夜間に屋外を走るというブロガー向けのイベントの開催でもあります。
初物づくしですね。

今回のブロガーミーティングで、さすがAMNと感心させられたのは、皇居を一周できるランナーであり、ブロガーである人を20名前後も集めたことです。皇居を一周すると約5kmあるそうで、夜、仕事を終えてから30分前後をかけて5kmを走れるブロガーはそれほどいないと思います。

この写真は、皇居一周を参加ブロガーが走り終えて、へたばっているところです。
DSC_0018-1

以下、2012/9/13に開催されたブロガーミーティングのレポートです。

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

日本初の防水スマホというのでREGZA phoneを購入してから、登山やオートバイツーリングと言ったアウトドアフィールドに持ち歩いてきました。
ずいぶん過酷な環境で使って来ましたが、REGZA phoneの防水能力の限界がおおよそ分かりました。風速20m以上の暴風雨の中で3時間以上使用すると、カメラのレンズの凸部分とカバーの隙間から雨水が浸入してきます。風速15mくらいの風雨や激しい夕立の下では今のところは浸水の心配はありません(大抵の防水製品の寿命は2、3年と言われているので継年劣化すれば浸水するでしょう)。

この手の防水製品というのは、大抵はメーカーで試験をして、基準をクリアーしないと製品化はされないと思うのですが、メーカーなどの屋内の試験場と、実際のアウトドアフィールドの悪天候とでは、多少の違いが出てくるでしょう。

REGZA phoneの前は、本格的なアウトドア携帯電話のカシオGz’1を使っていました。防水、防塵、耐衝撃性を有したタフな携帯でした。
そのGz’1と、防塵、耐衝撃性を備えていないREGZA phoneを比べるのは少しかわいそうですが、単なる防水スマホとしては、REGZA phoneはがんばった性能を持っていると思います。

(さらに…)

11月 28th, 2011

Posted In: REGZA phone T-01C, SmartPhone/スマートホン&mobile/携帯WiFi&通信サービス

Leave a Comment

docomoのモバイルWi-FiルーターのBF-01は至極使い勝手が良いのですが、REGZA PhoneとUSBソケットの形状が異なるので、同じ充電器が使用できません。
店頭にはスマートフォン用のmicro USB端子の充電池が並んでいて、これはREGZA Phoneでも使用できます。
BF-01はmini USBソケットを備えているので、micro USBソケットの充電器は使用できないのです。

mini USBソケットからmicro USBソケットに変換するアダプターは市販されているので、mini USB端子の充電池を手に入れればBF-01にもREGZA Phoneにも共通で使えるようになります。
ヨドバシカメラに相談すると、あちこちに連絡を取ってくれてようやく見つけてくれました。
メーカーはクオリティトラストジャパン株式会社
品番はQTBPI-01WHです。

(さらに…)

5月 3rd, 2011

Posted In: REGZA phone T-01C, SmartPhone/スマートホン&mobile/携帯WiFi&通信サービス

Leave a Comment

わたしがREGZA phoneで一番に魅力を感じているのが防水機能です。
水に濡れても使えるという生活防水ではなく、水深1mに30分間沈めても正常に作動するかなり強固な防水機能が施されています。
REGZA phone 防水 能力

(さらに…)

1月 23rd, 2011

Posted In: REGZA phone T-01C, SmartPhone/スマートホン&mobile/携帯WiFi&通信サービス

Leave a Comment

REGZA phone

REGZA phoneのシャッター音は、人工音風で安っぽいと感じました。
普段、デジタル一眼レフカメラのキャノン EOS 7Dを使っているからそう感じるのかも知れません。

もっとも、携帯電話やスマートフォンがデジイチに匹敵するシャッター音を出しても困るかも知れません。

REGZA phoneをカメラ代わりに一日使っていた時には、家電メーカーの東芝製だから、カメラの作り込みが足りないのかなどと考えたりもしたのですが、帰宅後に撮影をした写真を見ると、驚くほど良く撮れていました。
これなら満足です。
シャッター音など些末にこだわって肝心の写真が不出来なカメラは使い物になりませんが、REGZA phoneならその心配はありません。

(さらに…)

1月 18th, 2011

Posted In: REGZA phone T-01C, SmartPhone/スマートホン&mobile/携帯WiFi&通信サービス

Leave a Comment

REGZA phoneのカメラは、画素数が約1220万(1.2G)。
わたしのデジタル一眼レフカメラのキャノンEOS 7Dの画素数が約1.6Gなので、解像度の高さが分かります。
2006年に購入をした防水デジカメのPENTAX Optio W20は約600万画素なので、約2倍になります。

REGZA phone カメラ機能もともとREGZA phoneは壊れたOptio W20の代わりの防水カメラという意味もあったので、購入の翌日に東京の郊外の高尾山を一日歩きながら写真を撮ってみました。

(さらに…)

1月 18th, 2011

Posted In: REGZA phone T-01C

Leave a Comment

アウトドアのヘビーユーザーのわたしが、さわりで撮影をしているうちに防水ケースが壊れてしまいました。
壊れるような使い方は「まだ」していないので、耐久性に問題があるのかな、などと考えてしまいます。
この程度で壊れる様だと、本格的にわたしのフィールドへ持ち込んだら1日持たないかも知れません。
LVR-CV01の防水ケースの折れたところ

LVR-CV01の魅力の一つは防水ケースに入れられる事にあります。
その魅力を試す様々な企画をたてていたのですが、これも実行できなくなりました。
例えば、カヤックで東京湾を航行しているシーンの撮影。これは一般的。企画では、一歩踏み込んで釣り糸の先におもりの代わりにLVR-CV01を付けて、魚がかかるシーンを撮影しようと思っていました。水深20mまで耐えられる防水ケースならできると思いました。

耐久性に疑問が残るのですが、個体差かも知れません。
それでもLVR-CV01は魅力的なビデオカメラです。
一通り、撮影を終えたので、様々なシーンでの動画の撮影方法を紹介してみたいと思います。

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

13252-1368-194061

(さらに…)

12月 23rd, 2010

Posted In: ビデオカメラ

Leave a Comment

ロジテックのスポーツSDカメラと防水ケースの組み合わせなら、本来はカヤックで川を下るシーンか、湖を渡るシーンを取りたいところなのですが、秋から冬にかけては川は痩せていてとてもカヤックで下ることは出来ません。
湖は、紅葉は終わり、と言って雪景色にはまだ早く、季節的に面白味がありません。

小型の防水カメラならではの使い方、と言う事で、手作りの小舟を川に浮かべて、流れを撮影することを思いつきました。
八王子を流れる南浅川が撮影現場。
堰堤の下のせせらぎに小舟を浮かべてみました。
南浅川

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

13252-1368-193161

(さらに…)

12月 19th, 2010

Posted In: ビデオカメラ

Leave a Comment

前回、八王子の和田峠をマウンテンバイクで下るシーンをロジテックのスポーツSDカメラで撮影をしましたが、取り付け器具がぐらついてしまい、思うようなシーンが撮れませんでした。
付属の取り付け器具を見ていたら、うってつけの器具を見つけました。

残念ながら防水ケースをつけないで、自転車のハンドルにカメラを固定する器具です。
ロジテック スポーツSDカメラ

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

(さらに…)

12月 18th, 2010

Posted In: ビデオカメラ

Leave a Comment

登山のシーンの動画を撮るのも大変ですが、それ以上に大変なのがトレランの走者の目線で撮影をするビデオです。
トレラントは、「トレール・ランニング」の略で、山をマラソンのように走る競技を言います。

わたしはトレラン競技会に参加をしたことはありませんが、登山のオフシーズンの冬の間は体がなまるのを防ぐためと気分転換のために、よく山を走っています。
冬の山で雪が積もらない山は、標高が低く、普段通りに歩いたらもの足りません。そんな低い山でも走ればそれなりに体力を使うので良い運動となります。

ロジテックのスポーツSDカメラは小型で体に負担にならず、多彩な取り付け器具が付属しているので、様々な撮り方が出来ます。

頭にヘッドバンドで固定をした撮り方は、帽子が邪魔でうまくいきませんでした。
ロジテック スポーツSDカメラ

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

13252-1368-193016

(さらに…)

12月 18th, 2010

Posted In: ビデオカメラ

Leave a Comment

山に登るシーンを、全編、動画に収めるというのは、実は大変です。
ビデオカメラを回しながら斜面を登るというのは現実的ではありません。

ロジテックのスポーツSDカメラは小型で体に負担にならず、多彩な取り付け器具が付属しているので、様々な撮り方が出来ます。

山に登るシーンを撮影するのに、最初、ヘッドバンドで固定をしたのですが思い通りの映像が撮れませんでした。
そこで、付属のクリップを帽子に挟んで、帽子の縁にカメラを固定して撮影をしました。
カメラは丁度右目と左目の間に位置するので、わたしの目線の映像が撮れました。
また、目線にカメラのレンズが位置しているので、カメラがわたしの意図しない方向を写してしまうこともありませんでした。

帽子の後ろの縁に、クリップでカメラを固定します。
撮影をしない時には、帽子は普段通りにかぶっています。
撮影をする時には、帽子を180度回転させて、カメラを前向きにします。
こうすることで、帽子の庇が必要な時には、カメラ撮影をやめることが簡単にできます。
ロジテック スポーツSDカメラ

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

13252-1368-193010

(さらに…)

12月 18th, 2010

Posted In: ビデオカメラ

Leave a Comment

Pages: 1 2
次ページへ »