うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

愛用のPX-5600が、突然プリントアウトが出来なくなりました。
書類を印刷させても、写真を印刷させても、用紙は真っ白です。
通常、ノズルが詰まっていても、全てのインクのノズルが詰まると言うことはありません。
PX-5600のドライバからユーティリティの「ヘッドクリーニング」をかけたのですが、全く効果がありません。

印刷をするアプリケーションを変更したり、プリンタやパソコンの電源を一度落としてみたり、複数のパソコンから印刷をさてみたのですが、相変わらずPX-5600がはき出すのは真っ白い紙です。

これだけ試して効果がないので、機械的な故障と思い、エプソン インフォメーションセンターに電話をしました。
そこで教えて貰った、エプソンの修理に関する情報を備忘録として書き留めておきます。

エプソンプリンタの修理の料金

エプソンプリンタの修理には二通りのプランがあります。

出張
11,550円と10,500円に部品代が実費でかかります。
このプランは急ぎの修理に向いているそうです。

ドアtoドア
要修理のプリンタをエプソンが取りに来てくれます。八王子市は無料の範囲でした。
費用は15,750円と1,575円。
部品代、送料全て込みの料金です。
この電話番号は 050-3155-7150です。

修理の顛末

午前中一杯かかって、プリントが出来なかったPX-5600なので修理に出すようだと思ったのですが、ヘッドクリーニングを数回繰り返したら、印刷ができるようになりました。
インクのノズルがハードに詰まっていたようです。

2月 18th, 2011

Posted In: プリンター/複合機, 備忘録

Leave a Comment

DVD Decrypter(以下DVD デクリプター)はDVDのデータをハードディスクに読み込むフリーウェアのアプリケーションです。
複数のパソコンを使用しているので、備忘録としてインストール方法を書き留めています。
ここでインストールするパソコンのOSはWindows7 32bitです。

DVD デクリプターのダウンロード

GoogleでDVD decrypterと検索をします。
eAltech(アルテック)のサイトからダンロードをしました。
DVD Decrypter v3.5.4.0
eAltechのバージョンアップは行われていないことが分かります。
動作環境は「Win2k/ Win95/ Win98/ WinME/ WinNT/ WinXP」となっています。

DVD Decrypterは英国のアプリケーションなので、英語で表示されますから、日本語化のパッチを当てます。
GoogleでDVD decrypter 日本語化と検索をして、日本語化工房 DVD Decrypterをクリックします。
このサイトの解説から、DVD Decrypterの開発が終了したことが分かります。

(さらに…)

2月 15th, 2011

Posted In: DVD / BD リッピング(コピー), 備忘録

Leave a Comment

ヒューレットパッカードのノートブックにはOSやドライバをインストールするためのディスクが付属していません。
別途に購入する必要があります。
ほとんど使われることのないこれらのディスクを別売りとすることで購入時の出費が抑えられるのは良いことなのですが、比較的にOSの再インストールをすることの多いわたしの様なユーザーから見るとパソコンを購入するのとは別途に手間をかけてOSを購入しなければならないのは不便とも思えます。

以下はリカバリーディスクを購入できるページです。
HPのノートブック
わたしの所有しているdm1の型式番号は「VV318PA」なのですが、dm1は2009冬、2010春などと大まかに表示されているだけなのは、購入する時に不安になります。

1月 25th, 2011

Posted In: HP Pavilion dm1, 備忘録

Leave a Comment

ドコモのモバイルWi-Fiルータ「BF-01B」を導入したことで、ADSLの固定回線が不要になったことがわかりました。
ADSL回線の他にインターネットに接続するためにプロバイダとの契約も必要だったのですが、どちらも解約をすることにしました。

plalaには解約と退会の二通りの方法があります。
解約はplala再びplalaを利用したときに、これまでID等を引き継いで利用できます。月額利用料金などの費用かかかりません。
退会はplalaの顧客データから完全に削除されてしまうので、再度plalaを利用した時には新しいID等が発行されます。
今後plalaを全く利用しない可能性もなくは無いのですが、再度利用する可能性もなくは無いので、使い慣れたIDを股使うことが出来る解約としました。

1月 25th, 2011

Posted In: 備忘録

Leave a Comment

一昨年の年末、Windows7の評価用に購入をしたヒューレットパッカード dm1 VV318PAモデルのソフトウエアーとドライバーのダウンロードのページを再度調べる手間を省くために書き留めておきます。
HP Pavilion Notebook PC dm1 (VV318PA)
この機種のOSはWindows7 32bitのみです。同じdm1でも64bitのWindows7を搭載機種もあります。

1月 25th, 2011

Posted In: HP Pavilion dm1, 備忘録

Leave a Comment

久しぶりにGoogle mapsに経度緯度を直接入力して位置を表示させようとしたら、出すことが出来ませんでした。
いくつか入力方法を試したところ、経度を緯度の間に半角スペースを挟むことで入力できることが分かりました。

ちなみにこれが東京駅の経度と緯度です。
この数字をGoogle Mapsの入力欄にコピー&ペーストすると東京駅にマーカーが表示されます。

このように表示されます。

大きな地図で見る

12月 22nd, 2010

Posted In: Google maps, 備忘録

Leave a Comment

mpeg4で動画を撮影するデジカメが増えてきました。
サンヨウのザクティやペンタックスのオプティオシリーズなど。
YouTubeなどにアップするのには相性が良いのですが、、Windowで編集をするには一工夫が必要です。
Windows XPのWindowムービーメーカーではmpeg4の動画は編集が出来ません。認識もしないようです。
そこで、認識されるフォーマットに変換するフリーウェアーを探してみました。

Googleで「mpeg4 変換」で検索をして見つけたのが、QTConverterと言うソフト。Vectorからダウンロードできるので、一応の信頼はできるのではと思います。
このソフト、対応OSはXPと2000だけの様ですが、7ではmpeg4の編集が出来るはずなので、あえて対応をさせる必要は無いのでしょう。
執筆の時点のバージョンは1.3.0。

(さらに…)

12月 22nd, 2010

Posted In: フリーウェア, 備忘録

Leave a Comment

いくつかの方法で電子出版をパソコンで閲覧することができます。

一つはAdobeが提供するAdobe Digital Editionsです。URLからインストールをクリックして手元のパソコンにインストールをします。執筆の時点のバージョンは1.7.2です。
セットアップ画面が表示されますので、指示に従ってインストールの作業を行ってください。
インストールが終了するとセットアップアシスタントの画面が表示されます。これはインストール後に1度だけおこなう作業です。Adobeにユーザーアカウントを作成します。すでに作成済みの方はIDとパスワードを入力します。

もう一つはブラウザのFirefoxのプラグイン、EPUBReaderです。
URLからAdd in Firefoxをクリックすると、ダウンロードサイトへ移動します。必ずFirefoxでアクセスしてください。
インストール後にFirefoxを再起動すれば、作業は終了です。

せっかくインストールをした閲覧ソフトなので、使ってみましょう。
impress R&DからOnDeckと言う電子週間雑誌が12/22からダウンロードできるようになりました。
創刊号から数ヶ月間は、無料でダウンロードできます。

12月 22nd, 2010

Posted In: Firefox, インターネットサービス(無料), 備忘録

Leave a Comment

INTERNET Watchの第1回:いつでもどんな端末でもブラウザさえあれば読める「Google eBooks」に興味深い記事が出ていました。
Googleの新しいサービスとして注目をしていたeBooksですが、日本でのサービスの開始に先立ってGoogleの担当者がインタビューに答えています。

この中で、グーグル株式会社でGoogleブックス担当マネージャーを務める佐藤陽一氏がこう話しています。

(さらに…)

12月 21st, 2010

Posted In: Google eBoobks, 備忘録

Leave a Comment

WebSiteやblogを運営していると、相互リンクの依頼やコメントに記載されたURLなどが増えてきます。
記載されたURLを確認しないと、そのURLの善し悪しや安全性は分からないのですが、確認すると言うことは、アクセスをすることで、万一悪意のあるサイトだった場合に、マルウエアなどに感染する危険性があります。

URL VoidはURLを入力するだけで、18種類のスキャンを行い、そのURLの安全性を評価してくれます。
cnet Japanの記事「[ウェブサービスレビュー]不審なURLを身代わりでチェックしてくれる「URLVoid」

実際に送信されてきたスパムメールや、blogに投稿されたコメントに記載されていたURLをURL Voidでスキャンしてみました。

(さらに…)

12月 21st, 2010

Posted In: security/セキュリティ, インターネットサービス(無料), 備忘録

Leave a Comment