うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

市橋有里さんと神宮公園を走ってきました

コカコーラのアクエリアスのブロガー向けのイベントで、神宮公園を2周しました。一周は約1.69km。
一緒に走ったのはマラソンランナーの市橋有里(あり)さん。
参加ブロガーは20名ほど。
他に、AMNそのほかのスタッフとカメラマン氏などが約10名。
総勢30名を越える団体が、日曜日で混雑をしている神宮公園の遊歩道を走りました。

走ったと言っても、混雑をしていたのと、ランニング初心者と一緒に走ったので、時速8km/h前後のゆったりとした速度でした。

(さらに…)

12月 4th, 2012

Posted In: 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

AMNとコカコーラの主催のスポーツとアクエリアスによる水分補給についてのブロガーセミナーに参加したレポートです。
水分補給に飲む飲料はアクエリアス。
渋谷のドーミインが会場でした。

アクエリアスの自己紹介

1983年生まれの30才。
日本生まれ。現在は欧米でも販売されている。
スポーツ飲料市場でNO1の売り上げ。
オリンピック公式飲料。
FIFAワールドカップ公式飲料。

機能的なサポート「水分とエネルギー」

アクエリアスブランドの活動。
トップアスリートと提携。
水分補給啓発活動をしています。
一例。U12全日本少年サッカー大会において、「母親向け水分補給セミナー」や「指導者向け水分補給セミナー」などを開催しています。

(さらに…)

12月 2nd, 2012

Posted In: 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

セミナー前の状況とセミナー後の感想

AMNの主催でMicrosoftの新しいOSのWindows8のブロガー向けのセミナーが、品川本社の30Fで開催されました。
今年の7月中旬に購入したWindows7を搭載したデスクトップパソコンを漸くWindows8にアップグレードしたばかりなので、Windows8については知らないことが多く、ちょうど良いタイミングでした。

これが当日の様子です。
DSC_0019-1

パソコンのOSとの関わり

Macを使っていた頃は、好きでコンピュータとつきあっていたと言うこともあって、オタク的にOSのカスタマイズなども行っていたのでOSにもそれなりに詳しくなったのですが、Windowsを使うようになってからはパソコンはあくまでも仕事の道具という接し方となったので、OSのカスタマイズは使いやすくするための最小限度に留まっていました。
当然、OSそのものについての知識も希薄になります。

前回のOS、Windows7はベータ版の頃から評判が良く、発売直後にノートブックを1台購入して今でも使っていますが、OSについては全く不勉強のままです。
仕事で使う道具なので、動作の安定、処理速度の向上などがかなえられていれば良いわけです。

Windows8のインストール直後の印象

今回のOS、Windows8はタッチパネルに最適化されたOSと言う触れ込みを聞いていて、これまでのOSと相当に違っているという印象がありました。

実際にインストールをして使ってみると、起動後に表示されるのがデスクトップ画面ではなくスタート画面に変わっていたので、その操作方法がこれまでのOSとあまりに違うので抵抗を感じます。
次いで、シャットダウンの方法が分からず3時間ほど無駄な時間を費やしてしまいました。

セミナー出席の印象を先に述べると...

今回のセミナーに出席してみて分かったのは、MicrosoftのWindows8の制作者は、スタート画面が、これまでのOSのショートカットを沢山配置したデスクトップ画面に相当すると考えています。

デスクトップ画面に比べて、スタート画面はカスタマイズの幅が広く、ユーザーが設定を変えることで、ネット上のストレージ(SkyDriveやFrikerなど)とPC上のストレージ(SSDやHDDやNASなど)に保存されている画像をシームレス(保存先を意識することなく)に扱うことが出来る様です。

これまでのWindows7までのOSは、Microsoftの設定した範囲の中でわずかにカスタマイズを行う程度であったものが、Windows8では、ユーザーが自分の使いたいように相当に突っ込んだカスタマイズが出来る様です。

Windows7までのOSは、ユーザーインターフェースに大きな変化は少なく、仕事のツールとしてはOSが変わるたびに覚える操作は少なかったのですが、Windows8はユーザーがどれだけOSについての知識があるかないかで、PCの使い勝手が良くなるか、購入したときのままで使い続けるか、分かれるようです。
この点、Windows8は、スマホのAndroidやiOSを強く意識しているOSと言えそうですが、業務用途が大半を占めるWindows搭載のPCにこうしたカスタマイズをユーザーに要求するのはどうかという気もします。

以下はセミナーの内容の備忘録です。
なお、文章は写真の方の話をまとめたもので、()内のコメントがわたしの感想、もしくは解説です。

(さらに…)

11月 30th, 2012

Posted In: OS, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

タムロン 18-270mm PDZを使ってみて

わたしの使っているカメラはキャノンEOS 7Dというデジタル一眼レフカメラです。
使用レンズはセットのEFS15-82mm UMSです。
タムロン 18-270mm PDZと比較をするのはこのレンズとなります。ちなみに実売価格ですが、キャノンのレンズが約8万円、タムロンのレンズが約6万円です。
どちらのレンズも超音波モーターを組み込んでいて、オートフォーカス、手振れ補正機能内蔵のズームレンズです。

大きさの比較

これが二つのレンズの大きさの比較です。
正面から見たところ。
キャノンのレンズは72mm(左)、タムロンのレンズは62mm(右)です。
タムロンのレンズとキャノンのレンズ

(さらに…)

1月 26th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

「タムロン 18-270mm PDZレンズ」タッチ&トライ

商品の撮影

影。いかに光をコントロールするか。
これは経験を積まないと分からない。
ブロガー向けの企画なので、ブロガーが比較的多く撮影をする(と思われる)商品の撮影をしました。
これが撮影場所。
ズームレンズの使いかた TAMURON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZDレンズ

これが上記で撮った写真。
遠近感を出すために、望遠で手前の青いミニカーにピントを合わせました。
背景となる積み木は、遠近感を出すために少し遠くに置きます。
背景をぼかしたいときには望遠で撮影をします。
手持ちで270mm最大望遠の写真を撮るので、手振れを防ぐためにISO感度を最大に上げてシャッタースピードを速くしています。
シャッタースピード:1/400
f/6.30
ISO6400
レンズ焦点270mm
ズームレンズの使いかた TAMURON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZDレンズ

(さらに…)

1月 26th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ, 写真の撮り方, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

レンズ活用講座 並木さん

写真家の並木さん写真家の並木さんです。

並木さんの話

食べ物をみんなが撮影をしている姿を見ていると、高倍率ズームの使い方がほとんど間違っていました。
レンズをものの拡大して撮すのだけに利用しているとの事です。
あとあとの話を聞くとこの導入部がよく分かるのですが、食べ物の写真を撮る時にカメラマンは動いていませんでした。どの位置から撮れば食べ物が意図通りに撮れるかという感覚がカメラマン(参加ブロガー)に欠けていたのでしょう。

手振れ防止機能ではなくあくまでも「手振れ補正機能」。
ぶれない様に撮影をしても必ずぶれます。
デジカメはその場で必ず写真の確認をしてください。
ピントが合っていない写真は全体にはっきりと写っていないが、手振れは部分的にははっきり写っているので分かる。
被写体ぶれはシャッタースピードを上げて行くことで防ぐ。絞りで調整するがしきれない場合はISOで調整をします。

(さらに…)

1月 26th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ, 写真の撮り方, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

18-270mm(モデルB008)レンズのコンセプト

商品コンセプトは、
「高倍率ズームのパイオニア」の矜持(きんじ)にかけてタムロン60周年記念モデルとして究極の高倍率ズームをお客様に提供する。
ズームレンズの使いかた TAMURON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZDレンズ

創業60周年記念モデルという点が商品コンセプトに入っているのが興味深いです。
タムロンとしてよほど力を入れた製品であることが、商品コンセプトからも分かります。
社長さんが幹部社員を集めた会議の席上で、拳でテーブルをたたきながら熱弁をふるっている様が頭に浮んでしまいました。

三つのキーワードの実現

より小さく軽く。
従来機種(モデルB003)に対して容積比-24%を実現、約1/4小さくすることが出来ました。

より静かに。
動画を撮るときに静かさが威力を発揮しています。

より高画質に。
(ズームレンズは)一本で様々な使い方が出来たりコンパクトなレンズなので登山などで荷物を減らすことが出来ると評価されていた反面、(単焦点レンズに比べると)画質は劣るという評価もありました。

ターゲットユーザーは?

全世界に対して、キャノン、ニコン、ソニーのASP-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ用のレンズ。
初級者には標準のレンズの次に買うレンズとして。
上級者には通常使用しているレンズが使えなくなったときの予備レンズとして(2本目以降のレンズとして持ち運べる大きさと重さ)。

(さらに…)

1月 26th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

レンズメーカーのタムロンが昨年末に発売をした世界最小、最軽量の15倍ズームレンズ「TAMRON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZD」を使って、ズームレンズの特徴を利用した撮影をするブロガーミーティングがありました。
AMNのブロガーミーティングにデジタル一眼レフカメラは取り上げられることがありましたが、その交換レンズがテーマとなったのは初めてではないでしょうか?

開催場所は東京の神田にあるタムロンの営業所です。
事前にカメラ量販店でこのレンズの話を聞いてきたのですが、新しい機能を取り入れた高性能レンズで、お店の売れ筋だと言っていました。

後ほどタムロンの社員の方に話を聞いたところ、やはりブロガー向けのイベントを開催するのは初めてと言う事で、とても緊張している様子でした。
最近はブロガー慣れしたイベントが多いので、初々しいタムロンの方たちは見ていて新鮮です。

ブロガーミーティングの正式な名称はプロが伝授!『交換レンズ』で広がる写真の世界」です。

これが会場に並んだ交換レンズ。
実売価格で6万円以上もする高価なレンズがスタバのコーヒーの様に無造作に並んでいるのが面白かったです。
ズームレンズの使いかた TAMURON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZDレンズ

(さらに…)

1月 16th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

11/13(2010)に開催されたエプソンのブロガー向けのイベントで最新機種のEP-903Aでプリントアウトする機会を得ました。
普段、同じエプソンのPX-5600を使用していますが、エントリーモデルのEP-903Aは使い方がまるで異なっていたので、初めて使うパネルタッチのEP-903Aに戸惑いましたが、幸いにエプソン社員と一緒にプリントアウトをするので、分からないことは即座に教えて貰うことが出来ます。
驚いたのはEP-903Aのプリントアウトした写真の品質です。PX-5600で同じデジタル画像をA4サイズでプリントして比較したのですが、わたしの目には区別がつきません。エントリーモデルは価格競争が激しいので、EP-903Aの様にコストパフォーマンスの優れた機種が存在するのでしょう。
EPSON EP-903A

(さらに…)

11月 20th, 2010

Posted In: プリンター/複合機, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

夕方、エプソンの新製品、EP-903Aを使って、この日撮影したデジタル画像をプリントアウトします。
エプソン イベント

額はあらかじめエプソンの方で用意をしてくれてあります。
額に収める写真は縦と3枚と横3枚という構成で、ちょっと特殊です。
エプソン イベント

(さらに…)

11月 19th, 2010

Posted In: 写真の撮り方, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

浅草寺と仲見世を取り終わった後、屋形船に乗るために隅田川まで歩いて行きます。
わたしは普段、カヤックに乗って、自分の力で漕いで川を下っているので、船の川下りにはなれていますが、屋形船は初めてです。乗って写真を撮影してみると、自分で船をコントロールできないために、思う通りの構図の写真が撮れないのが歯がゆいのですが、流れが急な河川を下る時にはカヤックをコントロールするのに手一杯で構図を考えている余裕が無いことと比べたら、変わりが無いことに気がつきました。
乗船した屋形船は「あみ清」です。
浅草屋形船 あみ清

(さらに…)

11月 18th, 2010

Posted In: 写真の撮り方, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

エプソンが写真好きのブロガーを対象にしたイベントに参加するのは、今回で3回目。
過去2回は広告代理店が主催していましたが、今回は代理店は通さずに、エプソンが単独で開催するイベントです。

日程は三部に分かれています。
午前が浅草寺の仲町を中心としたスナップ写真の撮影会。
午後は、隅田川の屋形船に乗って、ランチを食べながら、水上から下町を撮します。
夕方は、撮った画像をエプソンの新製品のEP-903Aで印刷をして、額装します。
写真は屋形船でのランチの様子。
EPSON ブロガーイベント

(さらに…)

11月 17th, 2010

Posted In: 写真の撮り方, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

アジャイルメディア・ネットワーク(以下AMN)が開催したブロガーミーティングのテーマはDELLの30インチモニターのU3011です。
液晶テレビに大型の製品がどんどん投入されているように、パソコンのモニターも大型モニターが次々と製品化されています。テレビと比べると30インチのパソコンモニターは大型と思えないかも知れませんが、ノートブックの液晶モニターがせいぜい15インチから大型でも17インチが限度な事を考えると、その2倍前後のサイズは途方もなく大きなモニターであることが分かります。
もっと具体的に言うと、誰でも持っているネットブックの液晶モニターのサイズは10インチ、30インチモニターはその3倍のサイズがあります。

デル デジタルハイエンドシリーズU3011 30インチワイドモニタ

(さらに…)

10月 22nd, 2010

Posted In: その他メーカー, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング, 参加レポート・メーカーの展示会/新製品発表会

Leave a Comment

新しい感覚を取り入れたカーナビ「スムーナビ(Smoonavi)」

今年のカーナビの開発のポイントはエコ

ゲームニクスを取り入れました

日本のゲーム産業の知識を取り入れました(ゲームにクス)。

どの様にしてエコを実現するの?

省エネルート探索。
燃料を最小限に消費するルートを検索し案内します。

各種の条件を加味して省エネルート探索。道路の混雑や高低差による坂道を判断材料にするようにしました。
高低差を無視すると、燃費の差に25%もの開きが発生するそうです。
クラリオン Smoonavi

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

12330-1368-173133

(さらに…)

6月 27th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

さいたま市の新都心駅にあるクラリオン本社でカーナビのブロガーミーティングがありました。
本社の建物はグッドデザイン賞を受賞したこともあるそうです。
実際に門から建物に入るまでわくわくさせてくれる建物でした。
この社屋に通勤できるクラリオンの社員は幸せだなと思う一方、階段の作りが人間工学に基づいていなくて登りにくく、体力のない方には苦痛ではないかと思ったりもしました。
クラリオン「開発のこだわり」ブロガーミーティングの会場となったクラリオン本社

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

12330-1368-173132

クラリオンと製品開発

クラリオンのこだわりのポイント

車内における音楽と情報の整理整頓が音楽機器メーカーとしての使命と認識。
国を超え、性別を超え、年齢を超えて達成しなければなりません。
音楽は、車という音楽再生にはきわめて難しい場所でも、最高の音質で楽しめるようにしたい。
情報は、最新の情報を誰でも簡単で手軽に利用できるようにしたい。
つまり、使いやすくわかりやすいを求めています。
>クラリオン「開発のこだわり」ブロガーミーティング

(さらに…)

6月 27th, 2010

Posted In: ジオメディア・インターネット上で地図を扱う, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

AMNが代理店が開催したウエスタンデジタルのブロガー向けのミーティングがありました。
ウエスタンデジタルはハードディスクドライブ(以下HDD)のメーカーですが、2年前からHDDをOEM供与するだけではなく、製品の発売も手がけ始めました。日本で販売されているパソコンのかなりの数がウエスタンデジタルのHDDを搭載していますが、社名は日本では無名に近いメーカーです。今回のブロガーミーティングは認知度を上げる広告活動の一環として行われたようです。
Western Digital ブロガーセミナー

(さらに…)

6月 18th, 2010

Posted In: PC/パソコンの周辺機器, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

自転車ナビ NV-U35ソフトウェア開発秘話

お詫び

自転車クレードルの在庫切れが発生しています。
ソニーでもこれほどの販売量になるとは予想していなかったそうです。

自転車ナビ

自転車ナビとしてのルート検索

クルマモードと徒歩モードの違い。
全くルートが違ってきます。
キーワードは「細街路」。
SONY NV-U35 説明

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11523-1368-165903

(さらに…)

4月 26th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

スピーカーはソニーのマーケティング部門 望月さんとソニーマーケティング、パーソナルナビゲートを担当している藤貫さん。他に直接開発に携わった3名の方。

自転車ナビ NV-U35開発秘話

nav-uの誕生

これまではフルナビが主流で高価格で取り付けが困難でした。カーショップで取り付け手数料を払って取り付けて貰うのが普通でした。。
フルナビとはクルマのダッシュボードに埋め込むタイプです。カーステレオやDVDプレーヤなどと同じ位置に取り付けます。
いろいろな機能を盛り込んでいるので、初心者がいきなり使いこなすことは難しい製品となっていました。

最初のPNDタイプのカーナビ商品は2007年3月に発売。NV-U1です。
PND(Portable Navigation Device)の発売。
簡単取り付け、小型ボディ、こなれた価格、高精度ナビ。
ぴたっと吸盤で誰でも簡単にダッシュボードに取り付けられて、電源はシガーライターソケットから取れます。
高精度の位置はGPSからの位置情報の他に、加速度センサーなどを取り入れて実現しました。
SONY NV-U35 説明

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11523-1368-165735

(さらに…)

4月 26th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

試写体感ブラビア3D

左右の目が交互に映像を見るので、斜視でも立体映像として捉えることが出来きました。映像の切り替えは1秒間に60回。

これまで平面の映像、それも常に二重に見えていたものが、3Dメガネをかけることで一重の映像に代わり、しかも見られなかった立体映像がそこにありました。
弱視の人が本も読めずにいたのが、めがねをかけることで矯正されて視力1.2になったのと同じような感激があると思います。
視力の悪い人はメガネやコンタクトレンズ、最近では手術で視力を矯正することが出来ますが、斜視は矯正する手段がありません。生まれてから一度も一重の映像を見たことのないわたしにとっては3D映像は衝撃以外の何者でもありませんでした。

美ら海水族館

最初に放映していたのは、沖縄県本部半島にある美ら海水族館です。
ジンベイザメなど水族館内の魚を3D映像で撮影をしました。この撮影では、万一魚などを傷つけたり危険と判断した場合には、ケーブル類を切断する覚悟で行ったそうです。
SONY BRAVIA 3D TV LX900 V52 美ら海水族館

これが美ら海水族館のジンベイザメのモニュメント。
美ら海水族館 ジンベイザメのモニュメント

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11591-1368-165731

(さらに…)

4月 25th, 2010

Posted In: 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング, 薄型テレビ

Leave a Comment

ブラビア3D 開発秘話

※写真はSONY BRAVIA LX900 52インチモデル。
SONY BRAVIA 3D TV LX900 V52

3Dメガネの開発秘話

スピーカーは亀友計彦さん。
ホームエンターテイメント事業本部企画戦略部門商品企画部。
3Dブラビアの3D仕様、3Dメガネの商品企画

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11240-1368-165600

(さらに…)

4月 25th, 2010

Posted In: 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング, 薄型テレビ

Leave a Comment

Pages: 1 2 3 4 5 6 7
次ページへ »