うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

一昨昨日(2012/10/22)から昨日(2012/10/24)にかけて、秋の紅葉の盛りの時期に谷川岳と周辺の山を歩くはずだったのですが、台風並みの低気圧が通過したために谷川岳の天候が大きく変わり、一昨日は暴風雨、昨日は吹雪となりました。
そんな中、Wristable GPS SS700Sの登山でどの程度使えるのか、試して見ました。

すでにWristable GPS SS500Rを北アルプス縦走8泊9日の山旅で使用していますが、今回は、歩いた登山ルートを細かく区切って計測しました。
どの様な登山道なら正確な計測が出来て、どの様な登山道なら不正確な計測となるか、確かめるためです。
具体的には、
水上駅から登山口のホワイトバレースキー場まで、
登山口から沢沿いの登山道を経て天神平まで、
天神平から稜線の上の道を谷川岳山頂まで、
谷川岳山頂から茂倉岳避難小屋まで、
茂倉岳避難小屋から土合駅まで、
です。

比較の対象は、GAMIN eTrek Vista HCxです。
登山の荷物は、水を含めて約16kgをリュックサックに背負っています。

以下、Wristable GPS SS700Sのレビューです。

(さらに…)

10月 25th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム

トレールランニングとSS500R、SS700S

トレールランニング(以下トレラン)で使うと言うことでエプソン(EPSON)から貸与を受けていてSS500Rだったのですが、天候が悪い日が多かったので、なかなか走りに行くことが出来ませんでした。
昨日(2012/10/10)は休日では無かったのですが、事情があって仕事が休みとなったので、天候も良く、格好のトレラン日和となりました。

走ったのは、首都圏のトレールランナーに人気の高い高尾山から陣馬山にかけての稜線の道です。
首都圏のハイカーあこがれの「高尾山・陣馬山縦走路」などとも呼ばれています。
距離はおおよそ10km。
高尾山の標高が599m、最高地点となる陣馬山の標高が854m。

ハイカーの多い高尾山までは、邪魔にならない様に早足の歩きです。
高尾山から景信山までは、平坦地と下りは何とか走っていたのですが、景信山の降り道を走り終えた時点で体力が無くなったらしく、堂所山の出合から陣馬山までは全区間歩いています。

使用したGPSは、EPSONのSS500RとSS700S、GAMIN eTreck HCx VISTA、SONY NAV-U37の4機種です。
GAMIN HCx VISTAはもっとも高価(約10万円)で最も性能の高いハンディGPSです。
2008年から現在まで、日本中を計測してきた実績があるので、今回の計測でも基準としました。ちなみに HCx VISTAの計測した距離の誤差は約+3%です。

今回は、モニターとして貸与されているSS500Rとわたし自身が購入したSS700Rの二台を使っています。
せっかく二台同時に使えるので、SS500Rはオートポーズ機能をオンにして使い、SS700Sはオートポーズ機能をオフにして使いました。オートポーズ機能とは、ランニングの時に、信号待ちなどで立ち止まったときに自動的に計測を停止する機能です。

ランニングでは確実に役立つ機能のオートポーズ機能ですが、トレランでは役に立つのでしょうか?
以下、トレランで使ったレビューです。

高尾山・陣馬山間のトレールランニングの使用感

(さらに…)

10月 11th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

SS500RとSS700Sの比較

9/25 北アルプスから戻ってきたら、購入したSS700が届いていたので、モニターとして借りているSS500と比較をしてみました。
外観も違いがありますが、身につけて感じた一番の違いは重さです。

DSC02384_edited-1

SS500は最軽量モデルで重さが49gです。
対してSS700はハイエンドモデルで重さも最も重く61gあります。
その差は12g。
SS500に比べると、SS700は20%以上重いことになります。

この12gの差は、腕に着けると数字以上に感じる重さです。
9日間の北アルプス縦走で一度もSS500を身につけている違和感を感じなかったのですが、SS700は自宅の周りを軽く散歩するときに身につけるだけでも左腕が重く感じました。
その後も、外出するときにはSS700に慣れようと出来るだけ身につけているのですが、重い感じは解消していません。

また、SS500よりもSS700は若干、厚みが増している点も、違和感を感じます。

SS500とSS700の違いは、対水圧が前者が5気圧、後者が10気圧とデザイン以外は無いので、SS500のデザインがどうしても気に入らない、あるいは5気圧防水ではどうしても不安という場合以外は、SS500を選択するのが賢明と思います。
SS700を購入しましたが、多少後悔しています。
もっとも、わたしが使うシーンはかなりハードなので、5気圧防水では不安なので、10気圧防水のSS700がふさわしいのは事実です。

ちなみに末尾のRはRedのR、SはSilverのSが由来です。

写真で比較するSS500とSS700

(さらに…)

10月 9th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPS SS-500と登山

Wristable GPSにとっては少し過酷な旅でしたが、8泊9日をかけた北アルプスの縦走登山にSS-500を持って行きました。
毎日9時間前後、9日間も使用していると、SS-500を登山で使う際の良いところも悪いところも全て見えてきます。
結論を先に言うと、登山で使用すると、使える機能は限定的となります。いくつかの機能は全く使えなくなるか、役に立ちません。
それでも、身体に負担をほとんどかけずにGPSによる歩いた軌跡(トラックデータ)を取得出来るのは魅力的といえるでしょう。

以下、Wristable GPSを登山で使った際のレビューです。

(さらに…)

9月 27th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPSレビュー

AMNとエプソンのブロガーミーティングでWristable GPSがありました。
製品の説明の後、皇居を一周するというイベントです。
わたしは2年前に第10回の幸手マラソンに出場して以来、本格的なランニングからは遠ざかっていますが、今年も昨年も北アルプスや南アルプスを歩き回っているので、心肺能力は十分に鍛えられています。

皇居一周で約5km。時間にして約30分ほどのランニングでした。
一回だけのランニングなのですが、SS-500Rを使った感想を書いてみることにしました。
(注:わたしはSS-700Rを予約注文してあるのですが、3週間を過ぎても届けられる見込みが立っていません)

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPSレポート

今日で24回目のブロガー向けイベントとなりました。先週は新しいカラリオのイベントがあり、わたしも参加しています。
これが今日のブロガーミーティングの様子です。
DSC_0004-1

今回のWristable GPSは腕時計形のGPSです。走った軌跡(GPS Log)をパソコンを通してNeoRunと言うエプソンが運営するサイトにアップロードして地図に表示させたり、平均速度や走行距離や消費カロリーなどを見たりすることが出来ます。
エプソンとしては初めてのスポーツグッズの発売です。
ちなみに、Wristable GPSシリーズは大変な人気商品となっています。わたしも8月中旬に700Sの予約をしてあるのですが、未だに手元に届いていません。当初のもくろみでは、8/23の発売なので遅くても今日のイベントには届いているだろうから、最上位機種と下位の機種を比較するレビューを書くつもりでいました。

これがラインナップです。
左からSS-700S、SS-500R、SS-300R(レッド)、SS-300G(ライムいグリーン)となっています。
DSC_0002-1

エプソンにとっては、初めて夜間に屋外を走るというブロガー向けのイベントの開催でもあります。
初物づくしですね。

今回のブロガーミーティングで、さすがAMNと感心させられたのは、皇居を一周できるランナーであり、ブロガーである人を20名前後も集めたことです。皇居を一周すると約5kmあるそうで、夜、仕事を終えてから30分前後をかけて5kmを走れるブロガーはそれほどいないと思います。

この写真は、皇居一周を参加ブロガーが走り終えて、へたばっているところです。
DSC_0018-1

以下、2012/9/13に開催されたブロガーミーティングのレポートです。

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

購入前には知らなかったのですが、アルファ77にはGPSが搭載されていて、カーナビと同じ様に経度緯度情報を人工衛星から取得できます(購入する前にカメラ店の店員さんにアルファ77がGPSを搭載して話題になったデジイチですかと聞いたら「さぁ?」と言われたのです)。
GPSで取得した位置情報を撮影をした写真のExif情報に貼り付けることが出来ます。
このおかげで、撮影をした日時と共に場所も把握できる様になりました。

では、アルファ77のGPSの精度はどの程度なのでしょうか?

(さらに…)

3月 26th, 2012

Posted In: A77, GPS/位置情報システム

新しい感覚を取り入れたカーナビ「スムーナビ(Smoonavi)」

今年のカーナビの開発のポイントはエコ

ゲームニクスを取り入れました

日本のゲーム産業の知識を取り入れました(ゲームにクス)。

どの様にしてエコを実現するの?

省エネルート探索。
燃料を最小限に消費するルートを検索し案内します。

各種の条件を加味して省エネルート探索。道路の混雑や高低差による坂道を判断材料にするようにしました。
高低差を無視すると、燃費の差に25%もの開きが発生するそうです。
クラリオン Smoonavi

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

12330-1368-173133

(さらに…)

6月 27th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

自転車ナビ NV-U35ソフトウェア開発秘話

お詫び

自転車クレードルの在庫切れが発生しています。
ソニーでもこれほどの販売量になるとは予想していなかったそうです。

自転車ナビ

自転車ナビとしてのルート検索

クルマモードと徒歩モードの違い。
全くルートが違ってきます。
キーワードは「細街路」。
SONY NV-U35 説明

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11523-1368-165903

(さらに…)

4月 26th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

スピーカーはソニーのマーケティング部門 望月さんとソニーマーケティング、パーソナルナビゲートを担当している藤貫さん。他に直接開発に携わった3名の方。

自転車ナビ NV-U35開発秘話

nav-uの誕生

これまではフルナビが主流で高価格で取り付けが困難でした。カーショップで取り付け手数料を払って取り付けて貰うのが普通でした。。
フルナビとはクルマのダッシュボードに埋め込むタイプです。カーステレオやDVDプレーヤなどと同じ位置に取り付けます。
いろいろな機能を盛り込んでいるので、初心者がいきなり使いこなすことは難しい製品となっていました。

最初のPNDタイプのカーナビ商品は2007年3月に発売。NV-U1です。
PND(Portable Navigation Device)の発売。
簡単取り付け、小型ボディ、こなれた価格、高精度ナビ。
ぴたっと吸盤で誰でも簡単にダッシュボードに取り付けられて、電源はシガーライターソケットから取れます。
高精度の位置はGPSからの位置情報の他に、加速度センサーなどを取り入れて実現しました。
SONY NV-U35 説明

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11523-1368-165735

(さらに…)

4月 26th, 2010

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

林道への案内板の林道をGPSトラックデータで紹介したり、自然派空間でGPSとデジカメ写真とGoogle mapsを融合させたりと、すっかり位置情報とGPSの世界に使ってしまっているわたしですが、面白いサービスを見つけました。

損害保険会社のアクサダイレクトが、客の自動車が故障した場合、携帯電話のGPS機能を利用してお客の位置を特定して出動するサービスをしています。

(さらに…)

6月 13th, 2009

Posted In: GPS/位置情報システム

Leave a Comment

Imgp6857
4/3 2009 位置情報をネットで利用するエンジニアやサービスを提供する法人や個人が集まるジオメディアが立教大学で開催されましたので参加しました。
当日の参加者が約300名、懇親会の参加者が約100名と盛況でした。

当日の模様をわたしの備忘録として書き留めておきます。
 

(さらに…)

4月 24th, 2009

Posted In: GPS/位置情報システム, インターネットで活動をする組織, オフラインミーティング

Leave a Comment

Imgp6371
野村総研の100%出資の子会社のユビークリンクのブロガーミーティングがありましたので参加しました。ユビークリンクは携帯でナビ情報を利用している方は、すでにご存じかもしれませんが、ドコモ、au、ソフトバンク、iPhoneにナビサービスを提供している企業です。
 

わたし自身、GPSを使った位置情報を取り扱う「自然派空間」などのシステムを開発していますので、こうしたテーマは時間が許す限り出席をしています。
わたしのテーマとユビークリンクのテーマは全く違っているのですが、ユビークリンクがおまけで付けた機能が、既にもっと大規模で精密にわたしのシステムでは取り入れているなど、違いがわかり興味深かったです。

(さらに…)

12月 21st, 2008

Posted In: GPS/位置情報システム, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

Leave a Comment

フリーウエアのカシミールは、読み込んだGPSのトラックデータをGPSファイルとして書き出すことが出来ますが、自然派空間ではそのGPSファイルを読み込めるようにいたしました。

(さらに…)

7月 23rd, 2008

Posted In: GPS/位置情報システム, 自然派空間|登山

Leave a Comment

以前にこのうろぐで「PSP+みんなの地図3のGPSログの取得とフォーマット」と言う記事を書きましたが、実際に筑波山に登ってみてPSPでログを取得してきました。その取得してきたログを自然派空間にアップロードして、未加工のログでも読み込めるかを確認しました。

(さらに…)

7月 14th, 2008

Posted In: GPS/位置情報システム, 自然派空間|登山

Leave a Comment

Img_0816
ゼンリンとAMNの主催された「みんなの地図ブロガーミーティング」に参加して以来、気になっていたのがPSP+みんなの地図3のGPSのトラックデータ(以下ログデータ)です。
と言うのも、わたしが自然派空間というGPSとデジタルカメラとgoogle maps を融合させた全く新しいシステムを開発したからです。

気になるものは仕方がないので、PSP-2000とGPSを購入して実際に確認することにしました。
通常のユーザーが「みんなの地図3」を持って散歩に出かけたり、サイクリングナビカーナビに利用するというのとは意味が違います。
自分自身が歩いたり自転車で走って得たログデータをパソコンに読み込ませて、わたしが作成したシステムに解読させることが出来るかどうかを確認するのが目的です。
 

(さらに…)

7月 3rd, 2008

Posted In: GPS/位置情報システム, 自然派空間|登山

Leave a Comment