うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Asus Eee Pad TF201は昨年の12月(2012/12)に購入をしたAndroid OS搭載のノートブック兼タブレットです。
使い始めて5ヶ月を経過、使用感も分かってきたので、レビューを書いてみました。

当初、Windows8 OSを搭載したAsusのタッチパネル・ノートブックPCを購入するつもりだったのですが、たまたま当時自作のCMSをスマートフォン対応に作り替える作業に熱中していて、その検証用にAndroid OS搭載のEee Padを購入しました。
小さな画面のスマートフォンでは、検証をする際には効率が悪いのです。

Androidタブレットを購入する時は、キーボードを追加して購入するつもりだったのですが、たまたまTF201はバッテリー内蔵のドッキング・キーボードがセットとなっていたので、購入しました。
しっかりしたタイプ感でキー配列がわたしの好みのキーボードの価格は1万円前後と思っていたのですが、バッテリー内蔵のキーボードがほぼ同等の価格で買えたので、割安感がありました。

ちなみに、購入価格は約3万3千円です。秋葉原のドスパラで購入しました。
メーカー再生品なので、まるっきりの新品ではありませんが、3ヶ月の店舗保証がついています。
本体間もちろん、箱も備品も使用感がありません。新品に限りなく近い商品と言えるでしょう。
ショップの保障も3ヶ月間ついていました。

Eee Padはタブレットとしては上出来のデバイスです。
しかし、キーボード付きのパソコンとしては今ひとつの出来です。

この評価の違いは、搭載しているAndroid OSが元々スマートフォン向けのOSとして開発されたもので、パソコンのOSとしての完成度が低いことが原因と思われます。

(さらに…)

4月 29th, 2013

Posted In: タブレット, ノートブック, 携帯電子機器

AMNモニターとして貸与されているDELLのXPS 12 ウルトラブック(Ultrabook)のレビューの続編です。

わたしが普段使用しているタブレットは、AsusのEee Padです。この機種はキーボード着脱型のタブレットなので、実際に使用するシーンではノートブック・パソコンと同じような使い方となる事が多くあります。
キーボードを使用するときは横型のモニターを見ながら閲覧し、タブレットとしてキーボードを外して使用するときは、縦型のモニターを見ています。
そのEee Padと比較しながら、インターネットの情報を閲覧する、タブレット型デバイスとして、XPS 12 Ultrabookを見てみます。

当然ですが、ハードの性能よりも、OSの性能の方がユーザーに大きく影響を与えてきます。
AsusとDELLの比較と言うよりは、Android OSとWindows8 OSの比較となる事が多くなりますが、キーボード付きのタブレットという発想のハードウェアーとしての比較もあります。

(さらに…)

4月 25th, 2013

Posted In: DELL, タブレット, ノートブック

AMNモニターとして貸与されているDELLのXPS 12 ウルトラブック(Ultrabook)のレビューです。
Windows8の発売から半年以上が経過したこの時期になぜレビュー依頼が来たのかと思うに、新学期、新入社員の季節で、新規の需要の盛り上がる季節だろうからと考えました。

DELL XPS 12はモニターをひっくり返すことで、タブレットにもなるユニークな構造のウルトラブックです。
エンターテイメント性に優れたパソコンですが、今回はプログラムの作成などの業務用途に使用して、どの程度の実用性があるかを検証してみました。

(さらに…)

4月 17th, 2013

Posted In: DELL, ノートブック

8月に購入したデスクトップPCのOSをWindows 8に変更しようと思っていたところ、カードリーダがSD/SDHCカードの読み取り不能となってしまい、蓋を開けて交換をする事になりました。
Windows8へのアップロードを先に行い、時間が空くのを待ってから、カードリーダーの交換は行いました。
このときのパソコンの内部とカードリーダーの取り外し/取り付けの方法を書き留めておきます。

しかし、このカードリーダ。Windows8と相性が悪いらしく、取り付け後、2日で3回の深刻なシステムエラーを引き起こしたので、現在は外してあります。

ドスパラの意外な保証規定

ドスパラのパソコンで購入後3ヶ月に満たないので当然保証期間なのですが、タワー型のデスクトップPCを自転車に積んで運ぶのは無理なので、カードリーダーを外して保証書と一緒にドスパラ八王子店に持って行ったところ、読み取り不能の現象は再現できたものの、会社の規定があるらしく、パソコン本体を持ってきてカードリーダーの部品交換という形で作業をしないと、保証の対象とはならないそうです。

保証期間のパソコンの部品が壊れたのに、実費でカードリーダーを購入するのは腹も立つのですが、自宅からドスパラ八王子店まで往復1時間と店員の作業時間30分を考えると、1280円の部品をここで購入して自分で交換した方が費用対効果が安くあがるので、カードリーダーを購入してきました。

(さらに…)

12月 7th, 2012

Posted In: ドスパラ / Prime

ヒューレットパッカードの2012年冬モデル発表会で目にとまった一台がSleekbook14-b000(AMDモデル)です。
OSにWindows8(64bit)を搭載していながら、価格が29,800円と言う安さです。

スペックは、
CPUにAMD E1-1200 APU(1.40GHz、1MB L2キャッシュ)を採用しています。
メモリーは4GB。PC3-12800(1066MHz)。(ソケットは1つで最大4GB)
ディスプレイは14インチワイド。(1366*768)
500GBのハードディスクドライブを搭載。(SATA 5400rpm)
バッテリーの駆動時間は約5時間。
自重は約1.98kg
スペックの詳細はこちら

Sleekbookと言うブランドはヒューレットパッカードがUltrabookの下位に位置するグレードとして独自に設定したネーミングで、Ultrabookほど高性能ではないが、その分だけ価格を抑えたノートブックのことです。

スペックを見れば分かるとおり、デジタル一眼カメラの画像を編集したり、動画を編集するなどパワーを必要とする作業はで来ませんが、MS Officeで作業を行ったり、インターネットにアクセスをしてコンテンツを楽しむのには十分なスペックです。

初めて購入するパソコン、高性能のパソコンを家族で共有しているなかで2台目のパソコンとして適していると思います。

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: HP, ノートブック

ヒューレットパッカードのタブレットPCの興味を持っていたところ、ソニーストアーからWindows8搭載PCの新ラインナップPCのメールが届きました。
VAIOを購入して欲しいと言うことなのですが、さすがにソニーだけに、HPよりも魅力的なタブレットPCを用意していました。
ただ、価格がHPの約7万円に対して、99,800円と高額になります。

ソニーらしく、スペックは豪華です。
CPUにはATOMではなく、Intel Core i3、i5、i7から選択できる様になっています。
メモリーは2GB、4GB、6GB、8GBから選択。
モニターは11.6 型ワイド (16:9)、解像度:Full HD 1920 × 1080と映像のソニーらしくフルHDに対応しています。
ストレージは全てSSDです。64GB、128GB、256GBから選択します。
ユニークなのはGPSを搭載したモデルがあること。加速度センサーやジャイロ、地磁気センサーも搭載しています。
キーボードはバックライト付きが用意されています。
バッテリーの駆動時間は6.5時間から7時間。別売りのバッテリーパックを用意すると13時間から14時間の駆動時間が得られます。(拡張用シートバッテリーは約345g)
重量は1.29kgから1.66kg。
キーボードは、キーピッチ約18 mm、キーストローク約1.2 mm。

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: タブレット

ヒューレットパッカードの2012年冬モデル発表会で、HP社の人と話をしているときに気にとまったデスクトップPCの話です。
オンライントレード用に常時3台のモニターを表示させられるデスクトップPCが発売されていることは知っていたのですが、HPでは常時4台のモニターに表示させられるデスクトップPCを発売しています。

わたしが使用しているデスクトップPCは1920*1200と1920*1080の2台のモニターを常時接続しているのですが、作業内容によっては2台では表示面積が足りず、後1台表示させたいと思うことが良くあるのですが、4台のモニターはさすがに必要がなさそうです。
どの様なユーザーが4台のモニターを接続をしているのか聞いたところ、3画面対応のゲームソフトをプレイしながらオンラインチャットで他のユーザーと画面でやりとりをするユーザーを想定しているそうです。

数年前に公開された映画、ダイハード4.0の様な使い方を思い浮かべて納得しました。

これは3画面を表示させているところです。
_DSC2449

しかし、よく見ると、縦にさらにモニターを1台接続させていました。
画面が煩くなるので、この縦の1台は、あえて表示させていませんでした。
DSC02452

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: HP, デスクトップパソコン

個人向けのノートブックで興味を引いた一台は、やはりタブレットとノートブックの機能を併せ持った、ハイブリッドPCのHP ENVY x2(エンビィ エックスツー)です。
この機種は、HP ElitePad 900と違って、キーボード部分があらかじめタブレットとセットとなっています。ドッキングステーションや各種のジャケットと組み合わせることによって様々な使用形態に変化させられるHP ElitePad 900と対照的に、ノートブックの形に特化していると言えます。
それだけに、タブレット&ノートブックと言うハイブリッドPCとしては、コストパフォーマンスの高い機種となっています。

この日は、現時点で日本に一台のみ存在するという、HP ENVYx2の試作機を実際に手にとって操作することが出来ました。

プレゼンターが手に持って紹介するHP ENVY x2。
日本に一台しかない試作機と言うことで、取り扱いがとても慎重でした。

_DSC2407

HP ENVY x2の発売はヒューレットパッカードのWeb「日本HP ENVY x2 タブレットの機能を備えたハイブリッドPC
icon」によると来年2013年1月以降の様です。
販売価格は7万円前後を予定しているそうです。

以下、発売前ですが、HP ENVY x2のレビューです。

(さらに…)

10月 25th, 2012

Posted In: HP, タブレット, ノートブック

ヒューレットパッカードの2012冬モデルで、わたしの目を引いたのがプラモデルの感覚で筐体の中をいじれる様にと言うコンセプトのミニタワー Micro ATXと呼ばれる規格のデスクトップPC ENVY Phoenix h9シリーズです。

ハードディスクドライブを簡単に増設、取り外しができる

わたしは、今年の夏にデスクトップPCを買い換えたのですが、納品されてから最初にしたことは、正常に起動をするか確認した後で、ハードディスクドライブとDVDドライブを1台ずつ増設することでした。

タワー型のデスクトップPCだったので、ドライブの増設は簡単だったのですが、HPのデスクトップPC ENVY Phoenix h9はもっと簡単でした。
ハードディスクドライブをより簡単に増設できる様に知恵を絞って設計した機種で、最大三台のハードディスクドライブまで増設できるのも良いです。

_DSC2445

(さらに…)

10月 21st, 2012

Posted In: HP, デスクトップパソコン

ヒューレットパッカードの2012冬モデルの事前発表会があったので参加してきました。
前回の2012夏モデルの発表会にも参加したのですが、そのときは興味の持てる機種が無かったのですが、今回は搭載するOSがWindows8となるのが分かっていたので、親和性が高いタブレット形のPCに、世界最大のPCメーカーが、どの様な機種を投入してくるのか、参加前から興味を持っていました。

このページで取り上げるHP ElitePad 900は、法人モデルですが、今回発表された2012冬モデルのなかで、わたしが強く興味を引かれたタブレットPCです。
ヒューレットパッカードでもとりわけ力を入れているモデルで、新作発表会では、HP ElitePad 900、個人向けのノートブック、個人向けのデスクトップと3つの時間に区切って行いました。
個人向けのノートブック全体と法人向けの一機種が同等の扱いだったわけです。ヒューレットパッカードが期待している売上高や純利益額はHP ElitePad 900が最も高いのではと思えます。

以下、まだヒューレットパッカードのHPダイレクトショップiconHP ElitePad 900iconでもほとんど紹介されていないHP ElitePad 900のレビューです。

(さらに…)

10月 21st, 2012

Posted In: HP

ヒューレットパッカードがパソコンの購入の対象としている年齢層が面白い。
Love PC Love HPでは主に大学新入生が対象だそうだ。
わたしの様な昭和40年生まれは、性能や品質など、コンシューマ自らが調べて購入をすると言う判断だ。わたしの世代はコンピューターの発達とともに育っているので、パソコンに対するこだわりを持っていると言うわけだ。

これに対して、若い世代はパソコンは生まれたときにはすでに生活の中の一部だったので、これと言ったこだわり無く購入をしているそうだ。価格やデザインだけでパソコンを選ばずに、性能や品質、操作性などを吟味した上で、HP製品を購入してもらおうというキャンペーンがLove PC Love PCとなる。

そこで投入された新製品がUltrabookカテゴリの上を行く”プレミアムUltrabook HP ENVY14 PPECTRE”。
ボディにガラス素材を使うことでデザイン性を増やし、打ちやすいキーボードには見やすいバックライトを採用、SSD 256GBのストレージと4GBのメモリーを搭載して、使いやすさも訴求して、ユーザーの購入意欲を刺激している。
その分、価格も高価だ。HP directplusの販売価格は159,810円 (税込)から。
HP ENVY14-3000 SPECTRE

(さらに…)

4月 16th, 2012

Posted In: HP

ThinkPadシリーズのモニターの最後の機種はX201 Tabletです。
OSがWindows7となってから使いやすくなったTabletですが、基本はモバイルノートのX201sです。(X201sにはすでに後継モデルのX220が発売されていますが、X201sも買いやすい価格帯で併売されています)

このノートブックはLenovoの製品ですが(本社はアメリカ)、TinkPadシリーズの設計は日本で行われています。(神奈川県大和市)
NASAが宇宙に持ってゆくなど、世界的に高品質のノートブックのパソコンとして認められているのですが、アメリカ製のDELLやHPのノートブックと比べると細かな点にまで配慮が行き届いているのが分かります。日本人ならではの職人気質的な設計なのかと思ってしまいます(具体的には本文で触れます)。

Lenovo ThinkPad X201 Tablet外観をチェックしたあと、近くのファミレスに持ってゆき使ってみました。

(さらに…)

4月 15th, 2011

Posted In: ThinkPad

Leave a Comment

以前に借りたThinkPad Egde15はエントリー向け、ホビーユース向けの機種だったのであまり興味がわかずにさわりだけのレビューとなってしまいましたが、今回貸与を受けたThinkPad T510は業務用の機種なので、宅配されるとすぐに使えるようにアプリケーションのインストールを行い、1時間でわたしの日常の業務が行えるように設定を終えました。

(さらに…)

4月 2nd, 2011

Posted In: ThinkPad

Leave a Comment

ヒューレットパッカードのノートブックにはOSやドライバをインストールするためのディスクが付属していません。
別途に購入する必要があります。
ほとんど使われることのないこれらのディスクを別売りとすることで購入時の出費が抑えられるのは良いことなのですが、比較的にOSの再インストールをすることの多いわたしの様なユーザーから見るとパソコンを購入するのとは別途に手間をかけてOSを購入しなければならないのは不便とも思えます。

以下はリカバリーディスクを購入できるページです。
HPのノートブック
わたしの所有しているdm1の型式番号は「VV318PA」なのですが、dm1は2009冬、2010春などと大まかに表示されているだけなのは、購入する時に不安になります。

1月 25th, 2011

Posted In: HP Pavilion dm1, 備忘録

Leave a Comment

一昨年の年末、Windows7の評価用に購入をしたヒューレットパッカード dm1 VV318PAモデルのソフトウエアーとドライバーのダウンロードのページを再度調べる手間を省くために書き留めておきます。
HP Pavilion Notebook PC dm1 (VV318PA)
この機種のOSはWindows7 32bitのみです。同じdm1でも64bitのWindows7を搭載機種もあります。

1月 25th, 2011

Posted In: HP Pavilion dm1, 備忘録

Leave a Comment

アフィリエイトのバリューコマースからLenovoのThinkPadシリーズのレビューを書くためにEdge15が先週送られてきました。
たまたまヒューレットパッカードの2011年春モデルの発表会と重なり、世間は2011年春モデルの時期と感じました。

ヒューレットパッカードは発表会でしたので時間が少なく、Core 第二世代のCPUを積んだモデルを重点的に見たのですが、それでも小一時間では十分には分かりません。
Lenovoでは約2週間、貸し出しをしてくれるので、普段使用しているアプリケーションをインストールして使い勝手を確認することが出来ます。

今回は、Edge15の外側の使い勝手のレビューです。
わたしはノートブックに対してはいくつか気ににするところがあります。
ノートブックはオールインワンなので、ディスクトップ機のように付け替えたり買い換えたりすることが出来ないからです。
まず見るのがキーボード。ついで液晶モニター。そしてUSBや外部モニターのソケット類です。

ThinkPad Edge15

(さらに…)

1月 18th, 2011

Posted In: ThinkPad

Leave a Comment

HP ノートブック dv7-5000
アフィリエイトのバリューコマースが主催する、ヒューレットパッカードの今年の春モデルの新製品発表会が荻窪でありました。
春モデルで気になるのはインテルの新しいCPU(Sandy-Bridge)の搭載状況と価格です。
ノートブックは17.3インチのdv7-5000の展示機がありました。
わたしは、今年こそパソコンを買い換えないとと思っていますので、自分が買うとするとと言う視点から説明を聞いてきました。

(さらに…)

1月 13th, 2011

Posted In: ノートブック

Leave a Comment

HP HPE-580jpアフィリエイトのバリューコマースが主催する、ヒューレットパッカードの今年の春モデルの新製品発表会が荻窪でありました。
春モデルで気になるのはインテルの新しいCPU(Sandy-Bridge)の搭載状況と価格です。
デスクトップPCではハイエンドモデルのフラッグシップHPE-590jpには搭載されず、ひとつ下のクラスのHPE-580jpに搭載されていました。
わたしは、今年こそパソコンを買い換えないとと思っていますので、自分が買うとするとと言う視点から説明を聞いてきました。

(さらに…)

1月 13th, 2011

Posted In: デスクトップパソコン

Leave a Comment

ヒューレットパッカード HP Pavilion dm1はわたしが今年の正月に予備機として購入したCULVカテゴリーに属するノートパソコンです。
Lenovo IdeaPad U350と比較をするにはCPUの違いがありますが、コンセプトは同じ商品なので、それほど大きな違いにはなりません。
実際に使用をした比較レビューです。

サイズ。
Lenovoにも IdeaPad U150シリーズがあるので11.1インチどうしの比較ならそちらと比較をするのがよいのですが、U350が貸与されたので、13.3インチのノートパソコンとの比較となりました。
 Lenovo IdeaPad U350 対 HP Pavilion dm1

(さらに…)

6月 17th, 2010

Posted In: IdeaPad U350

Leave a Comment

Lenovoから新たにラインナップに加わったIdeaPadシリーズのU350/U450というCULVカテゴリーの内のU350の貸与をAMNから受けることが出来ましたので、早速外へ持ち出してモバイルコンピューティングを試して見ました。
Lenovo U350

(さらに…)

6月 14th, 2010

Posted In: ノートブック/CULV/ネットブック

Leave a Comment

Pages: 1 2 3 4 5 6 7
次ページへ »