うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

プロから見たホームページV3の使用感

普段はテキストエディターでhtmlとcssを作成してます

インターネットのエンジニアという仕事柄、ソースネクストのホームページV3と同様の機能を持ったアプリケーション(オーサリングソフト)は幾つか持っているのですが(ホームページビルダーやドリームウィーバーなど)、htmlテキストやcssテキストなど読み書きが出来るので、大抵はテキストエディターで作っていまいます。
この方が時間的に早く処理が出来るし、作成したhtmlファイルやcssファイルのソースが綺麗に書き上がります。

オーサリングソフトを使うと、起動させるだけで多少の時間がかかり、その上にファイルを読み込ませてデザインを変更して、サーバにアップロードするとなると、結構な時間がかかる上に、htmlファイルやcssファイルのソースに余分な情報を書き込んだり段落を変更してソースを汚くして読みづらくしてしまうので、使う機会が自然に減ってしまいました。

オーサリングソフトを使うとき

ただ、テキストエディターでhtmlやcssファイルを作成するのには、善し悪しがあります。
テキストエディターでhtmlやcssの構文をタイプしていると、おおよそのデザインは想像できるのですが、プロのデザイナーが作る様な緻密なデザインを書くことはまず無理なので、どうしてもシンプルなデザインとなってしまいます。

もっとも、わたしの好みは過剰な装飾や動くWebコンテンツが嫌いなので、シンプルなデザインでもかまわないのですが、WebSiteのコンテンツによってはシンプルなデザインはそぐわない場合もあって、そうしたWebSiteのデザインではいつも苦労をしていました。

業務で他社様のシステムを作る際には、デザインはプロのデザイナーが担当してくれるので、わたしがどうこうする必要は無いのでかまわないのですが(ただし、デザイナーが使うオーサリングソフトがhtmlタグの構造を完全に破壊してしまうことがあり、そうした場合はhtmlやcssの読み書きの出来るわたしが全てのデザインを書き換えたりします)、自分で運営しているWebSiteのデザインは自分自身で制作しているので、そうも行かない場合があるのです。そんなときにオーサリングソフトでデザインの基本を作るのですが、なかなか思う様には行かないのが現状です。

特に、最近は自作のCMSをに、スマートフォンに最適化されたデザインを追加・表示させる作業に没頭しているので、出来るだけデザインに頭を悩ませたくないと思っています。

(さらに…)

11月 2nd, 2012

Posted In: アプリケーションのレビュー

ヒューレットパッカードの2012年冬モデル発表会で目にとまった一台がSleekbook14-b000(AMDモデル)です。
OSにWindows8(64bit)を搭載していながら、価格が29,800円と言う安さです。

スペックは、
CPUにAMD E1-1200 APU(1.40GHz、1MB L2キャッシュ)を採用しています。
メモリーは4GB。PC3-12800(1066MHz)。(ソケットは1つで最大4GB)
ディスプレイは14インチワイド。(1366*768)
500GBのハードディスクドライブを搭載。(SATA 5400rpm)
バッテリーの駆動時間は約5時間。
自重は約1.98kg
スペックの詳細はこちら

Sleekbookと言うブランドはヒューレットパッカードがUltrabookの下位に位置するグレードとして独自に設定したネーミングで、Ultrabookほど高性能ではないが、その分だけ価格を抑えたノートブックのことです。

スペックを見れば分かるとおり、デジタル一眼カメラの画像を編集したり、動画を編集するなどパワーを必要とする作業はで来ませんが、MS Officeで作業を行ったり、インターネットにアクセスをしてコンテンツを楽しむのには十分なスペックです。

初めて購入するパソコン、高性能のパソコンを家族で共有しているなかで2台目のパソコンとして適していると思います。

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: HP, ノートブック

ヒューレットパッカードのタブレットPCの興味を持っていたところ、ソニーストアーからWindows8搭載PCの新ラインナップPCのメールが届きました。
VAIOを購入して欲しいと言うことなのですが、さすがにソニーだけに、HPよりも魅力的なタブレットPCを用意していました。
ただ、価格がHPの約7万円に対して、99,800円と高額になります。

ソニーらしく、スペックは豪華です。
CPUにはATOMではなく、Intel Core i3、i5、i7から選択できる様になっています。
メモリーは2GB、4GB、6GB、8GBから選択。
モニターは11.6 型ワイド (16:9)、解像度:Full HD 1920 × 1080と映像のソニーらしくフルHDに対応しています。
ストレージは全てSSDです。64GB、128GB、256GBから選択します。
ユニークなのはGPSを搭載したモデルがあること。加速度センサーやジャイロ、地磁気センサーも搭載しています。
キーボードはバックライト付きが用意されています。
バッテリーの駆動時間は6.5時間から7時間。別売りのバッテリーパックを用意すると13時間から14時間の駆動時間が得られます。(拡張用シートバッテリーは約345g)
重量は1.29kgから1.66kg。
キーボードは、キーピッチ約18 mm、キーストローク約1.2 mm。

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: タブレット

ヒューレットパッカードの2012年冬モデル発表会で、HP社の人と話をしているときに気にとまったデスクトップPCの話です。
オンライントレード用に常時3台のモニターを表示させられるデスクトップPCが発売されていることは知っていたのですが、HPでは常時4台のモニターに表示させられるデスクトップPCを発売しています。

わたしが使用しているデスクトップPCは1920*1200と1920*1080の2台のモニターを常時接続しているのですが、作業内容によっては2台では表示面積が足りず、後1台表示させたいと思うことが良くあるのですが、4台のモニターはさすがに必要がなさそうです。
どの様なユーザーが4台のモニターを接続をしているのか聞いたところ、3画面対応のゲームソフトをプレイしながらオンラインチャットで他のユーザーと画面でやりとりをするユーザーを想定しているそうです。

数年前に公開された映画、ダイハード4.0の様な使い方を思い浮かべて納得しました。

これは3画面を表示させているところです。
_DSC2449

しかし、よく見ると、縦にさらにモニターを1台接続させていました。
画面が煩くなるので、この縦の1台は、あえて表示させていませんでした。
DSC02452

(さらに…)

10月 28th, 2012

Posted In: HP, デスクトップパソコン

個人向けのノートブックで興味を引いた一台は、やはりタブレットとノートブックの機能を併せ持った、ハイブリッドPCのHP ENVY x2(エンビィ エックスツー)です。
この機種は、HP ElitePad 900と違って、キーボード部分があらかじめタブレットとセットとなっています。ドッキングステーションや各種のジャケットと組み合わせることによって様々な使用形態に変化させられるHP ElitePad 900と対照的に、ノートブックの形に特化していると言えます。
それだけに、タブレット&ノートブックと言うハイブリッドPCとしては、コストパフォーマンスの高い機種となっています。

この日は、現時点で日本に一台のみ存在するという、HP ENVYx2の試作機を実際に手にとって操作することが出来ました。

プレゼンターが手に持って紹介するHP ENVY x2。
日本に一台しかない試作機と言うことで、取り扱いがとても慎重でした。

_DSC2407

HP ENVY x2の発売はヒューレットパッカードのWeb「日本HP ENVY x2 タブレットの機能を備えたハイブリッドPC
icon」によると来年2013年1月以降の様です。
販売価格は7万円前後を予定しているそうです。

以下、発売前ですが、HP ENVY x2のレビューです。

(さらに…)

10月 25th, 2012

Posted In: HP, タブレット, ノートブック

一昨昨日(2012/10/22)から昨日(2012/10/24)にかけて、秋の紅葉の盛りの時期に谷川岳と周辺の山を歩くはずだったのですが、台風並みの低気圧が通過したために谷川岳の天候が大きく変わり、一昨日は暴風雨、昨日は吹雪となりました。
そんな中、Wristable GPS SS700Sの登山でどの程度使えるのか、試して見ました。

すでにWristable GPS SS500Rを北アルプス縦走8泊9日の山旅で使用していますが、今回は、歩いた登山ルートを細かく区切って計測しました。
どの様な登山道なら正確な計測が出来て、どの様な登山道なら不正確な計測となるか、確かめるためです。
具体的には、
水上駅から登山口のホワイトバレースキー場まで、
登山口から沢沿いの登山道を経て天神平まで、
天神平から稜線の上の道を谷川岳山頂まで、
谷川岳山頂から茂倉岳避難小屋まで、
茂倉岳避難小屋から土合駅まで、
です。

比較の対象は、GAMIN eTrek Vista HCxです。
登山の荷物は、水を含めて約16kgをリュックサックに背負っています。

以下、Wristable GPS SS700Sのレビューです。

(さらに…)

10月 25th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム

ヒューレットパッカードの2012冬モデルで、わたしの目を引いたのがプラモデルの感覚で筐体の中をいじれる様にと言うコンセプトのミニタワー Micro ATXと呼ばれる規格のデスクトップPC ENVY Phoenix h9シリーズです。

ハードディスクドライブを簡単に増設、取り外しができる

わたしは、今年の夏にデスクトップPCを買い換えたのですが、納品されてから最初にしたことは、正常に起動をするか確認した後で、ハードディスクドライブとDVDドライブを1台ずつ増設することでした。

タワー型のデスクトップPCだったので、ドライブの増設は簡単だったのですが、HPのデスクトップPC ENVY Phoenix h9はもっと簡単でした。
ハードディスクドライブをより簡単に増設できる様に知恵を絞って設計した機種で、最大三台のハードディスクドライブまで増設できるのも良いです。

_DSC2445

(さらに…)

10月 21st, 2012

Posted In: HP, デスクトップパソコン

ヒューレットパッカードの2012冬モデルの事前発表会があったので参加してきました。
前回の2012夏モデルの発表会にも参加したのですが、そのときは興味の持てる機種が無かったのですが、今回は搭載するOSがWindows8となるのが分かっていたので、親和性が高いタブレット形のPCに、世界最大のPCメーカーが、どの様な機種を投入してくるのか、参加前から興味を持っていました。

このページで取り上げるHP ElitePad 900は、法人モデルですが、今回発表された2012冬モデルのなかで、わたしが強く興味を引かれたタブレットPCです。
ヒューレットパッカードでもとりわけ力を入れているモデルで、新作発表会では、HP ElitePad 900、個人向けのノートブック、個人向けのデスクトップと3つの時間に区切って行いました。
個人向けのノートブック全体と法人向けの一機種が同等の扱いだったわけです。ヒューレットパッカードが期待している売上高や純利益額はHP ElitePad 900が最も高いのではと思えます。

以下、まだヒューレットパッカードのHPダイレクトショップiconHP ElitePad 900iconでもほとんど紹介されていないHP ElitePad 900のレビューです。

(さらに…)

10月 21st, 2012

Posted In: HP

キタダケソウをタムロン SP AF60mm F/2で撮影する

南アルプスのキタダケソウの北岳と北アルプスの花の白馬岳の高山植物を撮るためにタムロンの「SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005)」(以下SP AF60mm macro)を6月に購入したのですが、北岳では強風雨でまともな撮影は出来ず、白馬岳では初日にレンズを岩の上に落として壊してしまい一枚の写真も撮れませんでした。

それでも、キタダケソウを始め、イワベンケイ、シコタンソウ、キバナノコマノツメ、オヤマノエンドウ、ヨツバシオガマなど、北岳山頂に咲いていた花の写真を幾枚か撮影することが出来ました。

カメラはソニー α77です。
撮影環境の過酷さもあって、撮影モードはプログラムで行いました。

今年は北岳の頂に3回、白馬岳の山頂には四回立ったのですが、キタダケソウの撮影のために登ったときには、この写真の様な強風雨でした。
白馬岳の山頂も同様で4回とも雨や風に頂が覆われていました。
DSC01809

2012/7/21、北岳山頂。風速は15m/sから20m/s以上。雨量は少なく10mm/h前後と少なかったのですが、デジイチで写真を撮るのには過酷な環境でした。
風はともかく、雨が止んでいる隙間で撮影をしました。

北岳の山頂の花々

(さらに…)

10月 14th, 2012

Posted In: タムロン SP AF60mm F/2 MACRO 1:1 (Model G005)

新しく始めたサイトの運営にはCMSを使う様にしているのですが、そのCMSにはワードプレスと自作のEX-SPあるいはcltを併用して使っています。

そんな中で、このブログだけがムーバブルタイプを使っていたわけで、ムーバブルタイプはカスタマイズもなにもかも殆ど情報を仕入れていないために、導入時点から全く変更を加えられませんでした。

今回、自作のCMSのEX-SPとcltの2つのシステムをスマートフォンに対応させたついでに、他ドメインでは運用していたワードプレスを、スマートフォンに対応して表示させるプラグインを導入しました。
CMSを自作できるわたしから見ると、かろうじての及第点をつけられるレベルの低いプラグインだったのですが、一般的には高い評価を得ているWPtouchをインストールしました。

以下、WPtouchの導入の備忘録です。

WPtouchのインストール

(さらに…)

10月 13th, 2012

Posted In: ワードプレスの導入

Xi対応のBF-01Dは1ヶ月の最大転送量が7GBを越えると、通信速度が最大128kb(実質10kb以下)にまで落ちてしまうので、業務で閲覧だけでなくアップロードの転送量も多い使い方をしているわたしには使いにくい機器でした。

やむを得ず、BF-01DからもとのBF-01Bに機種を変更しました。
BF-01DからもとのBF-01Bに変更する人は希なので、違約金、事務手数料、料金プランの強制変更等、ドコモの社員でも調べないと分からないほどでした。

ドコモに限らず、携帯各社(キャリア)の料金体系、契約プランは複雑を極めているので、とても分かりづらいものとなっています。
そこで、実際にかかる料金その他の備忘録を書き留めておきます。

(さらに…)

10月 12th, 2012

Posted In: 携帯電子機器

Leave a Comment

トレールランニングとSS500R、SS700S

トレールランニング(以下トレラン)で使うと言うことでエプソン(EPSON)から貸与を受けていてSS500Rだったのですが、天候が悪い日が多かったので、なかなか走りに行くことが出来ませんでした。
昨日(2012/10/10)は休日では無かったのですが、事情があって仕事が休みとなったので、天候も良く、格好のトレラン日和となりました。

走ったのは、首都圏のトレールランナーに人気の高い高尾山から陣馬山にかけての稜線の道です。
首都圏のハイカーあこがれの「高尾山・陣馬山縦走路」などとも呼ばれています。
距離はおおよそ10km。
高尾山の標高が599m、最高地点となる陣馬山の標高が854m。

ハイカーの多い高尾山までは、邪魔にならない様に早足の歩きです。
高尾山から景信山までは、平坦地と下りは何とか走っていたのですが、景信山の降り道を走り終えた時点で体力が無くなったらしく、堂所山の出合から陣馬山までは全区間歩いています。

使用したGPSは、EPSONのSS500RとSS700S、GAMIN eTreck HCx VISTA、SONY NAV-U37の4機種です。
GAMIN HCx VISTAはもっとも高価(約10万円)で最も性能の高いハンディGPSです。
2008年から現在まで、日本中を計測してきた実績があるので、今回の計測でも基準としました。ちなみに HCx VISTAの計測した距離の誤差は約+3%です。

今回は、モニターとして貸与されているSS500Rとわたし自身が購入したSS700Rの二台を使っています。
せっかく二台同時に使えるので、SS500Rはオートポーズ機能をオンにして使い、SS700Sはオートポーズ機能をオフにして使いました。オートポーズ機能とは、ランニングの時に、信号待ちなどで立ち止まったときに自動的に計測を停止する機能です。

ランニングでは確実に役立つ機能のオートポーズ機能ですが、トレランでは役に立つのでしょうか?
以下、トレランで使ったレビューです。

高尾山・陣馬山間のトレールランニングの使用感

(さらに…)

10月 11th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

SS500RとSS700Sの比較

9/25 北アルプスから戻ってきたら、購入したSS700が届いていたので、モニターとして借りているSS500と比較をしてみました。
外観も違いがありますが、身につけて感じた一番の違いは重さです。

DSC02384_edited-1

SS500は最軽量モデルで重さが49gです。
対してSS700はハイエンドモデルで重さも最も重く61gあります。
その差は12g。
SS500に比べると、SS700は20%以上重いことになります。

この12gの差は、腕に着けると数字以上に感じる重さです。
9日間の北アルプス縦走で一度もSS500を身につけている違和感を感じなかったのですが、SS700は自宅の周りを軽く散歩するときに身につけるだけでも左腕が重く感じました。
その後も、外出するときにはSS700に慣れようと出来るだけ身につけているのですが、重い感じは解消していません。

また、SS500よりもSS700は若干、厚みが増している点も、違和感を感じます。

SS500とSS700の違いは、対水圧が前者が5気圧、後者が10気圧とデザイン以外は無いので、SS500のデザインがどうしても気に入らない、あるいは5気圧防水ではどうしても不安という場合以外は、SS500を選択するのが賢明と思います。
SS700を購入しましたが、多少後悔しています。
もっとも、わたしが使うシーンはかなりハードなので、5気圧防水では不安なので、10気圧防水のSS700がふさわしいのは事実です。

ちなみに末尾のRはRedのR、SはSilverのSが由来です。

写真で比較するSS500とSS700

(さらに…)

10月 9th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

懐かしのテレビ番組をHulu.jp(フールー)で視聴してみた

http://www.hulu.jp/の動画サービスが2週間、無料で視聴できます。
Yahoo!が動画配信を始めた頃に、タツノコプロの懐かしのアニメにはまった事があるのですが、今回もHuluが配信する懐かしいテレビドラマにはまってみました。

(さらに…)

10月 6th, 2012

Posted In: インターネットサービス(有料), ビデオと動画の視聴

Wristable GPS SS-500と登山

Wristable GPSにとっては少し過酷な旅でしたが、8泊9日をかけた北アルプスの縦走登山にSS-500を持って行きました。
毎日9時間前後、9日間も使用していると、SS-500を登山で使う際の良いところも悪いところも全て見えてきます。
結論を先に言うと、登山で使用すると、使える機能は限定的となります。いくつかの機能は全く使えなくなるか、役に立ちません。
それでも、身体に負担をほとんどかけずにGPSによる歩いた軌跡(トラックデータ)を取得出来るのは魅力的といえるでしょう。

以下、Wristable GPSを登山で使った際のレビューです。

(さらに…)

9月 27th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

AMNとEPSONのイベントで発売前のEPSON EP-805Aに触れる機会がありました。
イベントでは、今月下旬、9/20のEP-805Aの発売日の頃にモニターとしてEP-805Aが宅配されるはずだったのですが、都合で来月上旬にずれることになりました。

製品のレビューは届いたモニター機器を使い込んでから書こうと思っていたのですが、それでは発売開始から2週間前後のタイムラグが発生してしまうので、2時間ほどですが実際にEP-805Aを操作した体験を元にレビューを書き留めておきます。

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: EPSON EP-805A

Wristable GPSレビュー

AMNとエプソンのブロガーミーティングでWristable GPSがありました。
製品の説明の後、皇居を一周するというイベントです。
わたしは2年前に第10回の幸手マラソンに出場して以来、本格的なランニングからは遠ざかっていますが、今年も昨年も北アルプスや南アルプスを歩き回っているので、心肺能力は十分に鍛えられています。

皇居一周で約5km。時間にして約30分ほどのランニングでした。
一回だけのランニングなのですが、SS-500Rを使った感想を書いてみることにしました。
(注:わたしはSS-700Rを予約注文してあるのですが、3週間を過ぎても届けられる見込みが立っていません)

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

Wristable GPSレポート

今日で24回目のブロガー向けイベントとなりました。先週は新しいカラリオのイベントがあり、わたしも参加しています。
これが今日のブロガーミーティングの様子です。
DSC_0004-1

今回のWristable GPSは腕時計形のGPSです。走った軌跡(GPS Log)をパソコンを通してNeoRunと言うエプソンが運営するサイトにアップロードして地図に表示させたり、平均速度や走行距離や消費カロリーなどを見たりすることが出来ます。
エプソンとしては初めてのスポーツグッズの発売です。
ちなみに、Wristable GPSシリーズは大変な人気商品となっています。わたしも8月中旬に700Sの予約をしてあるのですが、未だに手元に届いていません。当初のもくろみでは、8/23の発売なので遅くても今日のイベントには届いているだろうから、最上位機種と下位の機種を比較するレビューを書くつもりでいました。

これがラインナップです。
左からSS-700S、SS-500R、SS-300R(レッド)、SS-300G(ライムいグリーン)となっています。
DSC_0002-1

エプソンにとっては、初めて夜間に屋外を走るというブロガー向けのイベントの開催でもあります。
初物づくしですね。

今回のブロガーミーティングで、さすがAMNと感心させられたのは、皇居を一周できるランナーであり、ブロガーである人を20名前後も集めたことです。皇居を一周すると約5kmあるそうで、夜、仕事を終えてから30分前後をかけて5kmを走れるブロガーはそれほどいないと思います。

この写真は、皇居一周を参加ブロガーが走り終えて、へたばっているところです。
DSC_0018-1

以下、2012/9/13に開催されたブロガーミーティングのレポートです。

(さらに…)

9月 14th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器

昨年の秋に壊れて電源も入らなくなってしまったEOS 7Dでしたが、今年の夏になぜか写真の撮影が出来る様になったのです。あちこち壊れているので完全な状態とはいえませんが、写真の撮影が出来る様になったのは嬉しいことです。

先月、キャノンからファームウェアー2.0.0のバージョンアップのメールの案内が来ていたのですが(2012/8/7)EOS 7Dが動いて居なかったのでパスしたのですが、今回、EOS 7DのファームウェアーがVer.2.0.3になったのを機会にバージョンアップを行いました。

2.0.3のダウンロードのURLは
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos7d-firm.html
になります。

(さらに…)

9月 13th, 2012

Posted In: EOS 7D

ソニーのα77は良いカメラなのですが、致命的な欠点はバッテリーの持ちの悪さと思っていました。
実際、登山シーズンの始まる前、奥多摩三山秩父山脈を数日かけて歩いた限りでは、純正バッテリーでも撮影枚数が400枚前後と1日持つか持たないかという心細さでした。

そこで、1日2個のバッテリーを消費する前提で、サードパーティー製のバッテリーを1ダース以上も購入したのですが、バッテリーの消耗を抑える使い方に気がついたので、書き留めておきます。
消費するバッテリーの数が半分以下にまで減らすことが出来ました。

(さらに…)

9月 13th, 2012

Posted In: A77

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 ... 42 43
« 前ページへ次ページへ »