ミニノート(ネットブック)の最近のブログ記事

社長対談の後、製品をタッチ&トライ出来る時間が設けられました。
ほぼ全ての製品が一同に並んでいましたので、限られた時間で見なければならないことから、社長対談で取り上げられた機種を重点的に見てみました。
mini110もそのなかの1機種です。
Img_8166
 

クロスワーク株式会社からモニターとして貸与を受けたのがLenovoのIdeaPad S10-2です。LenovoのWebSiteのSシリーズには8/19 2009発表と書かれている製品です。まだ未発売のようです。
初代のIdeaPad(S10)は2回ほどモニターをしていたので、IdeaPadがどの様な進化を遂げているのかとても興味がありました。
開封して最初に調べたのがキーボードのタイプ感。驚いたことにしなりました。このしなるキーボードではちょっと長い時間のタイプは厳しいかなと思いましたが、以外に問題なくタイプ出来ました。もう一点は解像度が1028*600に向上したことです。これまではたてが500台でしたので、チャットなど一部のアプリケーションはインストールすら出来ない状態でしたが、それが解消されました。
8/21 2009に開催されたWISH2009で3時間ほど使ってみました。地味な進化ですが、確実に良くなっていることが分かりました。
IMG_0442

LOOX M/D15はミニノートに分類されるノートPCです。廉価な中に必要な機能を取捨して組み込んであるまとまったノートPCです。
以下、FMV LOOX M/D15を写真で紹介します。
Img_3228
 

7/3 2009に開催された富士通のアフィリエイター向けセミナーでわたしが一番注目をしたのがFMV LOOX Uでした。
大きさがわたしの両手の手の平よりも小さく、重量は約600g、それでいてディスプレイの解像度が1280*800px、CPUにインテルのAtom Z530を搭載するというハイスペックなモデルです。

Img_3185
 

Img_9153 DELLの新製品説明会で本日 6/5に発売されるInspiron Mini 10vミニノートを実際に体験してきました。Inspiron Mini 10vはInspiron Mini 9の後継機種として発売されるミニノートで、既に先行発売されているInspiron Mini 10ミニノートとは異なるスペックを持っています。Inspiron Mini 9でわたしが酷評をしたキーボードの配列が改善されるなど、より実用的なモデルへと進化しています。
 

2時間と短い時間でしたが、実際にInspiron Mini 10vを使用した体験のレビューを書き留めておきます。

Img_4881 以前、発売前にレビューをしたソニーのバイオ Type PのWindows XP搭載モデルがついに発売になりました。発売前に、Type PでもXP搭載モデルの発売を検討中というオフレコの話を聞いていたのですが、ブログには書けませんでした。今回、正式にソニーからのアナウンスがあったので、どの程度のものか、ソニーのWebSite上のスペックから見てみたいと思います。
ちなみに、ものすごい人気の様で納期がかかります。
発売前のブロガーセミナーはみんぽすの開催です。みんぽす
 

Img_7759 レノボのネットブック、IdeaPad S10eに待望のカラーバリエーションが追加されました。IdeaPadの発表の時に既に試作品は手にとって見せてもらっていましたが、改めてモニターとして貸与を受けて実機を使うことが出来ました。
 

各社のネットブックをモニターしてきましたが、色合いで言えば、トップクラスの良さです。試作品を見た時はホテルのバンケットルームの明かりで色合いがはっきりとは掴めなかったのですが、実際に実機をあちこちに持ち歩いて使ってみると、やはり色合いの良さが際だっていることがかかります。

Img_5581 NEC Directのアフィリエイター向けの新製品セミナーで実機に触れ、社員の方の説明を受けました。

NECの前のネットブックをわたしは好みませんでしたが、今回のニューモデル、LaVie Light BL100は使い勝手が良くなりました。
デザインは野暮ったいですが、野暮ったさが愛嬌となる形をしています。角張った形となったのは150kgまで耐えられる堅牢性を重視したためでしょう。
 

キーボードはタイプしやすく、これからネットブックを購入しようと言うユーザーは、LaVie Lightはチェックして置く方が良いと思います。

Img_2491 12/10 2008にLenovoが新発売したミニノートIdeaPadをモニターとして2週間の貸与を受けました。

アジャルメディア・ネットワークが開催したブロガーミーティングの時の第3回モニターとして、年が明けてから送られてきました。
 

以下、2週間、主にモバイルノートして出先で使用したレビューです。

Img_2643 ノートブックの「バッテリーを長持ちさせる」と言うと、モバイル環境で少しでも長い時間、PCを駆動させることを言いがちですが、今回はバッテリーそのものハード的な寿命を少しでも延ばそうという話です。
 

ミニノートに限らないのですが、ノートブックパソコンはバッテリーで駆動します。
といって常にモバイル環境で使うわけでもなく、AC電源を使いながら作業をする事も多いと思います。そもそも充電する時にはAC電源をパソコンに接続しなければなりませんし、充電をしながら作業をするというケースも多いのではないでしょうか?

PR

カテゴリ

検索